毎日新聞4/7松田青子「文学逍遥」に「タイムスリップ・コンビナート」

毎日新聞2018年4月7日(土)の新連載「文学逍遥」に笙野頼子「タイムスリップ・コンビナート」が取り上げられています。
作家・翻訳家 松田青子と脚本家 大野裕之が文学作品をエッセーで紹介する新連載で、第1回は松田青子さんが通学時に読んだ「タイムスリップ・コンビナート」を電車とJR海芝駅メインで解説されています。
松田青子さんのインスタグラムに記事がアップされてます。

twitterで記事アップしてる方も発見>@Shoichi Miyakeさん

海芝駅に行く途中による「沖縄会館」を紹介されてるブログもあります。
「タイムスリップ・コンビナート」の舞台 - 異類感想記
あと「タイムスリップ・コンビナート」の批評はこれが一番ですね。
pdf 鶴見線海芝浦駅縁起 : 笙野頼子「タイムスリップ・コンビナート」と「五五年体制」(III.原発文学を読む,企画:「世界は変えられるという予感」)

コメント

このブログの人気の投稿

『蒼生2019』特集「文学とハラスメント」に笙野頼子「これ?二〇一九年蒼生の解説です」掲載

『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』感想リンク集

群像1月号に新作短編、民主文学1月号にエッセイ掲載