投稿

4月, 2013の投稿を表示しています

「日日漠弾トンコトン子」感想

イメージ
「新潮」2013年5月号に、笙野頼子「日日漠弾トンコトン子」が掲載されています。
早くも馬場秀和ブログにあらすじと感想がアップです。
『日日漠弾トンコトン子(新潮2013年5月号掲載)』(笙野頼子):馬場秀和ブログ
メイニチムイカの話は『一、ニ、三、死、今日を生きよう!―成田参拝』p93にありましたね。本作は『母の発達、永遠に/猫トイレット荒神』の「母のぴぴぷぺぽぽ」p41と後書きで書かれていた「完璧なトン子ちゃん」が登場。「島根の友達パンダが好きでさとうとう上野に引っ越したわ」、「ほれは、……えらいお元気な、お友達ですな」とわたい・あんたさんの対話から始まり、夢に出た通りすがり神との対話、「トンコ節」らっちゃちゃ、昔聞いた落語の言い方の語り、そしていつもの自己語りへと、たった12ページで語り方がくるくる変わる。ついていくだけで精一杯、目が回ります。内容を把握するのに三回読み返しました。あらすじは去年家の近くでばったりアメリカンショートヘア系野良猫と出会い、トン子だ!保護する?どうする?と思ってる内に、トン子は首輪を着けてすっかり飼い猫化してました、野良猫と思ったのは勘違いだったかもという話。トン子ちゃんの猫美顔は韓流ドラマ「イ・サン」のパク・テス役イ・ジョンスに似ているそう。
こんな感じのお顔なのかな?アメショっす! 6回目の猫との引越し一方で、トン子騒動の間に笙野さん体調悪化、「全身ずきずき」で「立ち上がるのにも二十分かかる」となって、病院でCT検査入院しろと言われたものの、通院しながら治療中とか。
今日は生きてる。で?今日はあと何時間あるの?と死ぬかもしれないと不安げ。命拾いしたの?その代償に持病って何それ?それはこっちの台詞、持病って何それ!
いや、最新刊の年内発売が年明け2月末になり、ひょうすべ新作が「文藝」4月号になく、何か変だと思っていたんです。ああ、ご病気でしたか。何卒ご自愛ください。よいニュースも。
電子書籍が十冊以上出るそうです!
著作30冊近くある中3冊しか電書化してなかったので嬉しいです!
でも書き下ろしなくて残念とか二度といいませんから、無理なさらないでくださいね。仕事はほどほどに。本編にでてくる「トンコ節」YouTubeにありました。
歌詞はこちらを参照:トンコ節『名曲百選』あと冒頭のパンダ好きさんでファンサイト会長を思い出しました。
白と黒の報告書 第1回…

「新潮」2013年5月号に「日日漠弾トンコトン子」

イメージ
「新潮」2013年5月号に、笙野頼子「日日漠弾トンコトン子」が掲載されています。
毎月7日発売ですが、4月6日に発売(7日は日曜だから)。
今号は創刊1300号記念特別号ということで、24の短編小説と20の随筆が掲載された豪華版です。
「日日漠弾トンコトン子」は、あれですか?
『母の発達、永遠に/猫トイレット荒神』あとがきの、飼うしかないと思っていた外猫が実は飼い猫だったという、トン子ちゃんの話でしょうか?うふふ、楽しみですね。

ネットの感想

ネットの感想を各記事に追記しました。
タイムスリップ・コンビナートの記事に馬場秀和さんの感想。
『タイムスリップ・コンビナート(電子書籍版)』(笙野頼子):馬場秀和ブログ
そして町田康さんの『母の発達永遠に/猫トイレット荒神』と『猫ダンジョン荒神』の感想を発見。それも追記。
��ANKEI EXPRESSで町田康さんが「本の話をしよう」というコラムを連載されているらしく、それがiza に配信されていたのです。しらなかったなあ。【本の話をしよう】やばいなあ、と直感的に思う場合 町田康
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/breview/643186/【本の話をしよう】人間とはわかりやすく わかりにくい 町田康
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/breview/606677/笙野頼子の『猫ダンジョン荒神』は激烈。自分を超越した自分を自分が。神業である。読み狂人がますます、すととすとと。自分の脳を防止するために全部吸い取って頭の中に新聞詰めて濡れ神かぶって踊りたくなるね。実にやべっす。同感、まじやべっす。