投稿

1月, 2018の投稿を表示しています

月刊ねこ新聞1月号笙野頼子のエッセイ

あけましておめでとうございます。今年もおつきあいください。

1/12発売の月刊ねこ新聞2018年1月号(No.215) 4頁に笙野頼子さんのエッセイが掲載されています。
「モイラの「転生」」笙野頼子(画・岡田千夏)
http://www.nekoshinbun.com/
ねこ新聞公式はまだ1月号の情報なしですが、雑誌オンライン書店fujisanにもくじがありました。
https://www.fujisan.co.jp/product/1281683787/new/

群像1月号の随筆で「老猫を引き取った」とありましたが、エッセイはそのお話で。
モイラが死んでから十四年近い。手元供養のお祀りをまだ続けている。最近猫ご飯のお供えが急に減った。代わりに人間用のお菓子を供えている。祈ることは続けてもやり方が変わった。今までは彼らがエジプトの霊のように、現世と同じ暮らしをすると想像していた。死後も私は彼らと、ひたすら一緒にいようとしていたのだ。ところが最近その気持ちが消えた。それより生まれ変わってこっちに来てほしいと。別の存在となって生き続けることに、希望があるのだと感じ始めた。思い出とは距離を、置き始めた。笙野さんの飼い猫遍歴(『猫道 』参照)を振り返り、昨年5月に最後の猫が亡くなったこと。
ギドウ・ロスの中、写真整理と猫シェルター支援しているうち、飼主亡くした老猫を引き取ったこと。
「ずっと雄だと思われていた」のに、実は雌であった。だがそれよりも別の件で仰天した。モイラ!そのままの小柄さと目鼻立ちで(ただ四肢だけは長い)。「前世」好きだった出窓にすぐ上がり、「大人しいです」と言われていたはずが、盛大に凄む。モイラの死んだ年の生まれである。雄と間違えられていた可憐な雌、こんな再会があるのだろうか。心の中でふと神仏を思った。ただ、「前世」そっくりの凄味は1日で消え、翌日から膝に来る。モイラ似。・゜・(ノД`)・゜・。と思わせといて、老猫さん、デレ系ですか。そうですか。
岡田千夏さんの見返り猫画もかわいい。
いやー、新年早々エッセイが読めるとはありがたい!
神社のおみくじで大吉を引いただけあって、今年はついてる気がします。

ツイッターで紹介されてました。
望月慎太郎さんのツイート
今月のねこ新聞。 「モイラの転生」。 昨夏、『 さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン 荒神』を出した笙野頼子…