投稿

7月, 2018の投稿を表示しています

「文藝」2018年秋号に新作長編「ウラミズモ奴隷選挙」掲載

イメージ
7月6日発売された「文藝」2018年秋季号に、笙野頼子さんの新作長編「ウラミズモ奴隷選挙」が掲載されています。
TPP警告小説、長編420枚一挙掲載です。
植民人喰い条約 ひょうすべの国』の続編。
2016年にTPPが批准されたパラレルワールド。当然水道法改悪、種子法廃止、働き方改革は悪法化して奴隷法にまでなった世界。人口の75%が奴隷のにっほんで人々は生き残るため、国を決定する選挙でウラミズモに占領される事を選びます。最後には関東一円も占領され、九州と山口県以外は選挙で国替え。日本列島ほぼウラミズモに(但し北海道と沖縄は独立)。
語り手は、S倉の沼際に住む石神・姫宮様と男性保護牧場の展示館で長年働く市川房代。そしてウラミズモ一のエリート高校生・猫沼きぬと又尾銀鈴の語りやメールが交錯していきます。
にっほんの残虐なおんたこ痴漢強姦野郎のキモメールやひょうすべの残虐メールまで飛び出す中、誹謗中傷・妨害・セクハラ・虐待を乗り越え「奴隷選挙」に投票しウラミズモに移ったP田女子の語りには心動かされずには入られません。

TPP参議院可決後の著者近況はこちらにあります。
笙野頼子「近況ご報告その他」
4月のWeb河出:[書き下ろし短篇小説]ウラミズモ、今ここに
合わせてチェックすると理解が深まります。

さっそく、馬場秀和ブログさんの感想ができていますよ。
『ウラミズモ奴隷選挙(「文藝」2018年秋号掲載)』(笙野頼子)
『水晶内制度』やだいにっほん三部作などのつながりを押さえた解説でわかりやすいです。

ブロガーズの東條慎生さんの連作感想ツイートも。
笙野頼子『ウラミズモ奴隷選挙』、性暴力や差別が合法化されたり、水を企業に占有されたり、人の命を金に換える「ネオリベ」「にっほん国」のありさまは誇張でもフィクションでもなく、現実に過ぎないということがじわじわと感じられるきわめて生々しい小説。 pic.twitter.com/OstOs5Euw2— 東條慎生のReal genuine fakes (@inthewall81) 2018年7月10日「笙野の未来史連作は痴漢常習者のロジック――加害者が自分を被害者として暴力を正当化する論理で成立する国家を描いている。」とはおっしゃるストリートで、その論理の醜さ、悪質さを存分に描き出した作品だと思います。

twitter文藝アカウントでは、笙…

笙野頼子エッセイ「近況ご報告その他」資料室に掲載

イメージ
7/3より笙野頼子さんのエッセイ「近況ご報告その他」、笙野頼子資料室に掲載です。
近況ご報告その他 | 笙野頼子資料室
内容は参議院会館前のTPP抗議集会の話、早稲田文学渡部批判について、そして猫の近況。さらに新作予定まで。
集会の写真と老猫ピジョンさんの写真も入ってます。2011年にTPPという、国民奴隷化、植民地化、国産全業種絶滅、日本語も滅亡、という恐怖が存在する事に気付き、授業や作品で批判、警告を続けておりました。環太平洋パートナーシップ協定という正確な名前ではなく、判りやすく人喰い条約と読んで危惧しておりました。このTPPは発効すれば国民のほぼ全員があらゆる分野に渡って長年の深刻な被害を受けます。日本沈没です。

例えて言うならばあの恐ろしい高プロは人喰い鬼、しかし、TPPは地獄です。鬼のいない地獄はありえません。鬼を一匹成敗しても、地獄はそれ自体鬼の住処なのです。

このTPP、水道法改悪、種子法廃止、で日本は滅びます。RCEPが並べば、アジアまでも。

二十八日は遠出でリウマチが悪くなり、家でネットの国会中継を見ていました。内閣委員会では田村智子さん、山本太郎さんらによるTPP批判が行われました。このお二人は、関税、医療、水道、という重要分野で、まさに国が壊れてしまうほどの大問題と新事実を指摘しました。にもかかわらず、「鬼の首」をとったように、と地獄の大臣は抜かし、強引な採決。採決直前、山本太郎さんの、長時間に渡る反対討論に涙しました。山本太郎の反対討論はこれかな。書き起こしもある。

2018.06.28 内閣委員会 反対討論「山本のアホ、半端ないって~反対討論、普通3分くらいやのに 10倍くらいやってるもん そんなん、せえへんやん普通~ に関する動画・字幕入り

最後にさらっと新作情報ありましたが、何気にすごいですよ。
・7/7文藝に「ウラミズモ奴隷選挙」400枚掲載
・ミルキィ・イソベさんが笙野家猫達の写真集を出す(書きたし小説百枚と未収録作品も!)
・7月赤旗で対談
・群像の新年号で短編
・民主文学新年号で短い文章
ネコさんたちの写真集が出るんですよ。しかも小説収録で。楽しみすぎますね。