投稿

11月, 2018の投稿を表示しています

赤旗11/25『ウラミズモ奴隷選挙』書評木村紅美さん

赤旗2018年11月25日(日)日曜版の文化面に笙野頼子『ウラミズモ奴隷選挙』の書評が掲載されました。
評者の木村紅美さんがTwitterに記事をアップしてくださっています。ありがとうございます!
11月25日付け「赤旗」に載った笙野頼子さん『ウラミズモ奴隷選挙』の書評です pic.twitter.com/sTZNlgBUgS— 木村紅美 (@waremokouko1) November 28, 2018
本書には、水源が世界企業に買い占められ、貧しい人は、川の水、それも汚れた「安い川の水」を買うしかなくなる、といった、グロテスクさにひりひりする近未来への警告が細部にまで無数に詰まっている。著者の小説を初めて読む人は、ジャズの即興演奏を思わせる、言葉と言葉が衝突し、うねりまくり、想像力を彼方へ飛ばし、一億総奴隷化との抗い方を探るリズムに巻き込まれてみてほしい。廃案に追い込んだはずの水道民営化法案が衆議院を通過したりしてる今こそ、グロテクスさにぞーんとしながら読めますからね。
女人国ウラミズモに対して男尊国「にっほん」と表記しているの、わかりやすくていいですね。

『ウラミズモ奴隷選挙』サイン本が書店に

笙野頼子『ウラミズモ奴隷選挙』のサイン本が書店に並んでいるそうです。
横浜のブックスキタミ港南台店と千葉のときわ書房志津ステーションビル店は写真をアップしてくれてます。
他の書店にも入荷しているかもしれませんよ。
この度、志津ノーベル文学賞に選ばせて頂いた『ウラミズモ奴隷選挙』。
本日なんと笙野頼子先生がご来店下さいました!
ご覧の最高超絶POPと特製オビ、そしてサイン本を頂いております。
なんだかこちらが頂いてばかりで恐縮ですが、笙野先生、誠にありがとうございました!(日)
#志津ノーベル賞pic.twitter.com/oXXe7gKC3P— ときわ書房志津ステーションビル店 (@tokiwashizu) November 13, 2018
笙野頼子さんの「ウラミズモ奴隷選挙」(河出書房新社さん)著者直筆サイン本入荷しました。 pic.twitter.com/Fy3BZeoRMQ— ブックスキタミ港南台店 (@kounanda_kitami) November 15, 2018

ときわ書房さんでは、なんと『ウラミズモ奴隷選挙』が志津ノーベル文学賞に選ばれています。
そして!本日選考委員のひとりである店長(日)による受賞作発表がありました。見てくださいこのシンプルなPOP。下手な言葉を費やす必要などない、読めばわかる。受賞理由など、読んだあなたが見つけられるはず。その力がある本たちだ。そんな想いをナカノヒト(関)は受け取った!!次はあなたが(文字数) pic.twitter.com/UPhhzcf2V2— ときわ書房志津ステーションビル店 (@tokiwashizu) 2018年11月9日
本家ノーベル文学賞ほどではないにしても、売れるハズですたぶん!