投稿

4月, 2011の投稿を表示しています

webちくま「『現代文学論争』をめぐって 告発と検証・完結」

笙野頼子の連載エッセイ第三回がwebちくまに掲載されました。
「『現代文学論争』(小谷野敦著)をめぐって」第三回「告発と検証・完結」全9頁。
これで最後なのは残念です。
http://www.chikumashobo.co.jp/new_chikuma/ronsou/03_1.html
『現代文学論争』にある間違いの流れを「小谷野様式」と命名し解説されています。佐藤亜紀氏のツイッター上の粉砕劇前回の記事でまとめてます。よかったらご覧ください。
webちくま「『現代文学論争』をめぐって 続・告発と検証」笙野頼子と小谷真理氏の出会い『渋谷色浅川』の「中目黒前衛聖誕」かな(初出2000年)?
と思ったら巽ゼミで紹介されていました(上から九番目)。
http://www.mita.cc.keio.ac.jp/~tatsumi/html/library_html/cparecs2001.html
『渋谷色浅川』発売が2001年3月、テクハラ裁判が2001年12月。
裁判で知り合ったとカンチガイされたのかもしれませんね。negative_dialektikコメント欄2009年6月18日「笙野が東批判をしていない」コメントはこちらのようです。
http://d.hatena.ne.jp/negative_dialektik/20090618/1245336652
ちなみにブログ主は、笙野頼子の大塚批判を「売り上げだけで文学の価値は量れない」、売上げ文学論批判だときちんと理解されております。清水良典氏の純文章『文学の未来』序 純文章宣言を参照していただきたい。
純文学どころか、エッセイ・詩なんでも、文章がよいもの=純文章と定義されてます。選考委員降板事件「野間文芸新人賞問題まとめ」で当時の記事が引用されてます。
野間文芸新人賞問題まとめ・新聞ヲチ
ウィキペディア野間文芸新人賞の選考委員差し替え問題に概略あり。とりいそぎ、関係してそうな所を紹介です。
そしてなんと笙野さん、連載の原稿料を震災義援金としてカンパなさるそうです。
ご自身も地震で被害を受けているのに…。今も千葉は余震が起きているのに…。
ああなんとか早く余震がおさまりますように。前回の記事第一回 webちくま「『現代文学論争』をめぐって 告発と検証」
第二回 webちくま「『現代文学論争』をめぐって 続・告発と検証」
追記生まれて初めてする教える仕事は、地震…