投稿

12月, 2013の投稿を表示しています

文芸文庫『幽界森娘異聞』12/11発売

イメージ
講談社文芸文庫 笙野頼子『幽界森娘異聞』12月11日発売です。
落ち着いた桃色グラデーションに金箔が美しい。
2001年刊行した『幽界森娘異聞』が2006年に文庫化。それを定本として文芸文庫から2013年12月10日発行となりました。
・著者のあとがき「「殿堂」入りにも近状報告/年表代わりのさらなる後書き」
・解説:金井美恵子「なぜ、「これなら私にも書けると思った」と、二人の女性作家(私の知るかぎり)は『幽界森娘異聞』を読んで考えたのだろう」
・年譜・著者目録:山﨑眞紀子
以上が収録されています。

講談社BOOK倶楽部の講談社文芸文庫『幽界森娘異聞』ページ年譜・目録は最新の情報がすべて掲載されており、すばらしい。
2011年「季刊文科」第51号にエッセイ掲載とか知らなかった。講談社文芸文庫「戦後短篇小説再発見10 表現の冒険 」に短編「虚空人魚」収録も。メモメモ。

後書きによると、「群像のための長編も書くことになった」p307そうです。
著書電子書籍化にあたり十冊分ほど後書きを書かれたのに編集の都合で掲載されなかったとか。
えええええっなぜどうして、読みたかった…。
てっきり笙野さんが難病治療中のためだとばかり。

それどころか、文庫『幽界森娘異聞』の佐藤亜紀さんの解説、電子版には収録されていませんからね。
講談社文芸文庫『極楽・大祭・皇帝』電子版もまた、年譜・著者目録と解説が入ってないですし。
このままいくと、講談社文芸文庫『幽界森娘異聞』の電子書籍版にも年譜と目録と解説は収録されないと思います。
でもせっかくのすばらしい年譜・著者目録と解説、ぜひとも電子版にも収録してほしいです。

笙野頼子『幽界森娘異聞』講談社文芸文庫版が出ています。文芸文庫版あとがき、金井美恵子による解説(「珍腐な言いぐさだが、読むたびに新しいものを見つけることになる本」なんだこれってホントに)、最新版の年譜・著書目録が収録されています。 http://t.co/dleMJ9xUEh— Kuchinashi (@jasminoides) 2013, 12月 14
まさに、そのとおり。読むたびに発見があります。

『幽界森娘異聞(講談社文芸文庫版)』(笙野頼子)。「彼女は私よりずっと愛される作家、私は愛されるよりも必要とされる作家、でも同じ世間に向かい合って、似たような風を今も受けているよ」。著者「あと…