投稿

9月, 2010の投稿を表示しています

「群像」2010年10月号に笙野頼子の随筆

イメージ
「群像」2010年10月号に笙野頼子の随筆が掲載されています。
http://shop.kodansha.jp/bc/books/bungei/gunzo/
タイトルは「新作予定おんたこ今後猫未来未定」、見開きです。飼い猫ドラの介護で一年ほど休んだこと、
別の理由で小説がまとまらなかったこと。
書けない理由を書く小説が新シリーズであるなど。
そして、その新作情報。神変理層夢経シリーズは序章を含め六部作すべての題は「猫(カタカナ)荒神」で統一『千のプラトー』『批評と臨床』とかを時々浮き輪に使っている序章後篇は10月発売の「文藝」冬季号に掲載予定第二章は来年某文芸誌に「猫ストリート荒神」を発表予定但し雑誌発表は老猫介護次第で休むかもだから、おんたこシリーズ番外編はちょっと延期やはり「文藝」冬季号は新作掲載!
イカフェミは、新作や文庫を読みつつゆっくり待ってますので、お気遣いなく。
ドーラ十七歳八ヶ月。三十年ぶりの猛暑にもご息災・それがなにより嬉しい報告です。

「すばる」2010年10月号に「猫ダンジョン荒神(後篇)」掲載

「すばる」2010年10月号に、笙野頼子の小説「猫ダンジョン荒神(後篇)」掲載です。
http://subaru.shueisha.co.jp/contents/1010.html
すばる公式サイトの目次で紹介されています。

笙野頼子『金毘羅』河出文庫から9月3日配本

イメージ
河出書房新社のtwitterアカウント・河出文庫から、
笙野頼子『金毘羅』9月3日配本との情報と書影がアップ
http://twitter.com/kawade_bunko/status/22577443958
解説は安藤礼二。著者によるあとがき付で998円。お買い得!twitterでは、表紙カバーの神々しさ華やかさが評判です。
「我は神、我は幸」というキャッチコピーもクール。笙野小説・最新作における一番の参考文献、『千のプラトー』上巻も同時発売。
こちらは、上中下巻の三部作で発売だとか。
ということは、千プラ三部作&金毘羅三部作、仲良く河出書房新社で文庫化ですね。

猫ダンジョン荒神(前篇)感想リンク

馬場秀和ブログhttp://babahide.blog.so-net.ne.jp/2010-08-06
大まかな粗筋を分かりやすく解説しています。Close To The Wallhttp://d.hatena.ne.jp/CloseToTheWall/20100813
一番全体を捉えている感想、かつ細かいネタも広く拾ってます。
素晴らしいですね。必読です。老猫養老日記http://blog.livedoor.jp/fountain801/archives/51698711.html
悲哀の感覚が「ゆでたまごの薄皮の中」という感じ、わかります。佐藤亜紀さんのtweetそれにしても猫ダンジョンは凄い。ってかこれはあなた文字通りーーで、早速真似て見たができないわ、やっぱ。http://twitter.com/tamanoirorg/status/20754477989笙野頼子一人で「純文学」の、あってもいいなくてもいいどうでもいい、を覆している気がする。http://twitter.com/tamanoirorg/status/20755849328正直ーーが何かいまだにわからないので、どなたかこっそり教えて頂けるとうれしいっす。