「群像」2010年10月号に笙野頼子の随筆

群像 2010年 10月号 [雑誌]

「群像」2010年10月号に笙野頼子の随筆が掲載されています。
http://shop.kodansha.jp/bc/books/bungei/gunzo/
タイトルは「新作予定おんたこ今後猫未来未定」、見開きです。

飼い猫ドラの介護で一年ほど休んだこと、
別の理由で小説がまとまらなかったこと。
書けない理由を書く小説が新シリーズであるなど。
そして、その新作情報。

  • 神変理層夢経シリーズは序章を含め六部作
  • すべての題は「猫(カタカナ)荒神」で統一
  • 千のプラトー』『批評と臨床』とかを時々浮き輪に使っている
  • 序章後篇は10月発売の「文藝」冬季号に掲載予定
  • 第二章は来年某文芸誌に「猫ストリート荒神」を発表予定
  • 但し雑誌発表は老猫介護次第で休むかも
  • だから、おんたこシリーズ番外編はちょっと延期

やはり「文藝」冬季号は新作掲載!
イカフェミは、新作や文庫を読みつつゆっくり待ってますので、お気遣いなく。
ドーラ十七歳八ヶ月。三十年ぶりの猛暑にもご息災・それがなにより嬉しい報告です。



コメント

このブログの人気の投稿

『ひょうすべの国』感想リンク集

笙野頼子『ひょうすべの国』の書評まとめ

『ひょうすべの国』発売・作者コメント公開