投稿

10月, 2012の投稿を表示しています

『増殖商店街』電子書籍化と『猫ダンジョン荒神』11/9配信予定

イメージ
今年の5月から始まった講談社の電子書籍復刊プロジェクト「復☆電書」がついに配信開始。
第一回配信作品として、電子書籍版の『増殖商店街』が配信されました。
http://sp.kodansha.co.jp/fukuden/top/contents/2078993.html
紹介ページでは笙野頼子さんのコメントが掲載されています。
そして配信しているストア18社(楽天除く)のリンクからお好きなお店で購入できます。
とりあえずhontoへリンク→『増殖商店街』(復☆電書)
あと紀伊國屋書店BookWebにも→『増殖商店街』(復☆電書)さらに先月末発売の『猫ダンジョン荒神』が11月9日(木)に配信予定だそうです。
笙野頼子さんの『増殖商店街』、電子書籍でリクエスト復刊です!今日から配信開始されています。p.tl/tPze  新刊の『猫ダンジョン荒神』は11月9日、配信開始予定です。お楽しみに。— 講談社 文芸図書第一出版部さん (@kodansha_bun1) 10月 26, 2012電子版『増殖商店街』に話を戻しますと、表題作と「こんな仕事はこれで終りにする」「生きているのかでででのでんでん虫よ」「虎の襖を、ってはならなに」「柘榴の底」を収録。
��ちなみに馬場秀和ブログの『増殖商店街』感想で、収録作がひとつひとつ解説されています。)
さらに書き下ろし『あとがき小説「ようこそ」』もあります。
これで500円の文庫価格、買うしかない。
しかし配信先はkindle未対応、kindleを予約した私は読めないかも。しょぼん。それはさておき、「復☆電書」では今日から復刊のリクエストを受付開始。
10月26日(金)~11月9日(金)と短いので、みなさんどしどしリクエストしましょう!
講談社の笙野小説一覧はこちら。
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_tyosha.jsp?ty=4951&x=B

「文藝」2012年冬号に対談&短編小説

イメージ
「文藝」2012年冬季号の特集は鹿島田真希。
「【芥川賞受賞記念対談】鹿島田真希×笙野頼子 三冠対談――幸福も理不尽にやってくる」
に笙野頼子さんとの対談が収録されております。
そして小説「ひょうすべの嫁」も掲載。10pほどの短編です。
http://www.kawade.co.jp/np/bungei.html『猫ダンジョン荒神』のあとがき小説p218の「ついつい同時進行で「ひょうすべの嫁」という変なお化け小説をどんどん書いて仕上げてしまって」とあり読みたいなと思っていたら、早速発表されて嬉しい限り。馬場秀和ブログ『ひょうすべの嫁』感想をよむとさらに楽しめるぞ。ぞーん。
アンド、老猫養老日記の感想::「今晩書こうね。」って嘘ついたさ。さらにtwitterでみつけた鋭い読み。なるほど、そういう読み方なのか…。文藝11月号の笙野頼子「ひょうすべの嫁」は素敵だった。実体のよくわからない帰依を迫るものごとに「ひょうすべ」。そしてその嫁、これはかなりの現実感。嫁にならないと即答したって殺しに来る時は来るよね。そして嫁の辛さもわかる。作者すごいなぁ…— seppipaさん (@seppipa) 10月 14, 2012