投稿

10月, 2015の投稿を表示しています

『ドゥルーズ 没後20年 新たなる転回』に笙野頼子エッセイ

イメージ
10月24日発売の河出書房新社編『ドゥルーズ 没後20年 新たなる転回』が届きました。ありがとうございます!
没後20年を記念したドゥルーズ本になんと、笙野頼子さんと萩世いをらさんのエッセイが収録されています。
笙野頼子「すべての隙間にあり、隙間そのものであり、境界をも晦ます、千の内在」
萩世いをら「参照点のない読書」タイトルは上の2作。本の発売は公式サイトで存じてましたが、この事は全く知らず。くやしい。ということで目次を掲載。



河出書房新社編集部『ドゥルーズ 没後20年 新たなる転回』もくじ
対談
小泉義之×千葉雅也
「ドゥルーズを忘れることは可能かーー二○年目の問い」
宇野邦一×鵜飼哲
「概念の力と「地理哲学」ーードゥルーズを読みなおすために」
江川隆男×堀千昌
「絶対的脱領土化の思考」

文学者が読むドゥルーズ
笙野頼子「すべての隙間にあり、隙間そのものであり、境界をも晦ます、千の内在」
萩世いをら「参照点のない読書」

展望
檜垣立哉「ドゥルーズ歿後二○年の〈世界的現在〉」
近藤和敬「ドゥルーズに影響をあたえた哲学者たちーー「プラトニズムの転倒」をめぐる」

生成
アンヌ・ソヴァニャルグ「リゾームと線」 訳=小倉拓也+福尾匠
フランソワ・ズーラビシヴィリ「カントとマゾッホ」 訳=小谷弥生
ジャン=クリストフ・ゴダール「1960年という瞬時におけるドゥルーズーー思考の新たなイマージュ?」 訳=小林卓也

内在
ペテル=パル・ペルバルト「主体化、非主体化」 訳=五井健太郎
ローラ=U・マークス「ドゥルーズ哲学へのモッラー・サドラーの潜在的な貢献」 訳=森元斎

動物
ブライアン・マッスミ「非人間的回転」 訳=黒木秀房
パトリック・ロレッド「動物は人間のように愚かであることができるかーーデリダとドゥルーズをめぐる「超越論的愚かさ」について」 訳=西山雄二+小川歩人

闘争
李珍景「ドゥルーズの唯物論、あるいは「外部による思惟」」 訳=影本剛
廣瀬純「悲劇的なこの世界では哲学が直ちに政治になる。ーー一九六九年、スピノザからストア派へ」

主要著作ガイド
『哲学の教科書』『経験論と主体性』山下雄大
『ニーチェと哲学』黒木秀房
『カントの批判哲学』小林卓也
『プルーストとシーニュ』黒木秀房
『ベルクソンの哲学』岡嶋隆佑
『ザッヒェル=マゾッホ紹介』小谷弥生
『差異と反復』朝倉友海
『スピノザと表現の…