投稿

2月, 2013の投稿を表示しています

『母の発達、永遠に/猫トイレット荒神』書影アップ

イメージ
『母の発達、永遠に/猫トイレット荒神』の書影がamazonや河出書房新社公式サイトにアップされています。
帯つき画像もあって「殺されても作者は死にません小説も死にません文学も死にませんどんなに消されてもヨミガエレばいいんです。ダキナミ・ヤツノただいま、帰還しました」っとあります。
赤くてポップな色合い。「母の発達、永遠に」のロゴフォントがクラシカルでかわいいですね。

『母の発達、永遠に/猫トイレット荒神』2/26発売予定

河出書房新社の公式サイトによると、
笙野頼子『母の発達、永遠に/猫トイレット荒神』が2月26日に発売されるそうです。
280ページで予価2415円。
タイトルから思うに以下の短編が掲載されるのではないでしょうか。
・「にごりのてんまつ 『母の発達』濁音編」(「文藝」2007年冬号 特集 笙野頼子)
・「母のぴぴぷぺぽぽ 『母の発達』半濁音編」(「文藝」2012年秋号)
・「小説神変理層夢経・序 便所神受難品その前篇 猫トイレット荒神」(「文藝」2010年秋号)
・「小説神変理層夢経・序 便所神受難品その中篇 割り込み託宣小説 地神ちゃんクイズ」(「文藝」2010年冬号)
・「小説神変理層夢経・序 便所神受難品 完結篇 一番美しい女神の部屋」(「文藝」2011年春号)

ネット書店で予約受付はじまってます。http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309021573/
河出書房新社 文藝アカウントのつぶやきでは2月下旬刊行とのこと。「殺されても作者は死にません小説も死にません文学も死にませんどんなに消されてもヨミガエレばいいんです。ダキナミ・ヤツノただいま、帰還しました」――あの『母の発達』の続編がついに刊行! 笙野笙野頼子ワールド、極まる。最新作『母の発達、永遠に/猫トイレット荒神』は2月下旬刊行です!!— 河出書房新社 文藝さん (@Kawade_bungei) 2013年2月15日