投稿

10月, 2016の投稿を表示しています

笙野頼子の新刊『ひょうすべの国』11/24発売

笙野頼子『植民人喰い条約 ひょうすべの国』出版社の紹介ページができてます。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309025209/
あらすじもバッチリのってます。11月24日に河出書房新社より発売予定。(追記:11月26日に延期)

アマゾンにもサブタイトルに内容紹介とあらすじが掲載。
ひょうすべの国――植民人喰い条約
今までで一番詳細じゃない?
【あらすじ】
「NPOひょうげんがすべて(ひょうすべ)」と「知と感性の野党労働者党(知感野郎)」が政権を握った国・にっほん。そこでは人殺しの〈自由〉、弱者を殴る〈平等〉、餓死と痴漢強姦の偏りなき〈博愛〉がまかり通っていた――。
千葉県S倉市に住む埴輪詩歌は、「指導教授」でもある最愛の祖母・豊子をひょうすべに殺される。母が営む花屋は世界企業に潰され、父は「少女遊郭」に入り浸り死んだ。やむなく詩歌は少女遊郭の「ヤリテ」見習いに入るがたちまち馘、そこで出会った夫も、人喰いの餌食に。時は流れ、権力者からの求愛、世界を揺るがす手紙がもたらされたのだが……詩歌の〈生〉とは何であったのか!? 地に堕ちた自由と民主主義を問い直す、予言的物語。文藝冬号に掲載の中編小説「人喰いの国」では「世界を揺るがす手紙がもたらされた」で終わりでした。
あらすじで「のだが……」となっているのは、本では続きがあると期待していいのでしょうか?

「文藝」2016年冬号に中編「人喰いの国」

イメージ
10月7日発売の「文藝」2016年冬号に、笙野頼子さんの中編小説「人喰いの国」が掲載されています。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309979052/
本作は「ひょうすべの嫁」「ひょうすべの菓子」「ひょうすべの約束」「おばあちゃんのシラバス」に続くひょうすべシリーズ五作目で完結編。150枚。

埴輪詩歌(あゆむ)が火星人落語家の木綿造と出会い、木綿助といぶきを育てるなか国名がだいにっほんに改名され、兄がみたこに入会し妹は見習いになって…「だいにっほん三部作」をお読みの方はご存知の展開になっていきます。
前作はにっほんでの持病持ちの生きづらさを描いていましたが、本作は女性の話。
近未来国にっほんがTPPに批准してIMFの経済政策でグローバル企業に搾取される社会となり、庶民は少女以外就職できず、自営業はフランチャイズでなければ難しく、謎の特許料に苦しむ羽目に。火星人は遊郭で遊女または職員ヤリテとして働くしかない状況に。
では富裕層やエリート女性なら安泰かと思えば、中年になり若さを失うと、ひょうすべと共に女性を虐める側にまわらないと生き残れないため、イカフェミ化するという。
「だいにっほん三部作」では描かれなかった火星人少女遊郭のブラックすぎる悲惨労働、ヤリテ女性も加わってエセ平等主義による女性への過酷な抑圧も描かれます。ネットで話題になった時事ネタもちょいちょい入ってたり。

馬場秀和ブログにさっそく感想がアップされています。素早い!
『人喰いの国(「文藝」2016年冬号掲載)』(笙野頼子)
季刊「未来」に後藤明生論を連載中の東條慎生さんがあらすじ&感想書かれています。
笙野頼子「人喰いの国」 Close to the Wall
内容が端的にまとめられてわかりやすいです。

それと10月9日twitter河出書房新社の文藝アカウントで笙野頼子さんのコメントがツイートされました。
「文藝」2016年冬号掲載「人喰いの国」に寄せて、笙野頼子さんからのコメントです!
“TPP反対、悪夢のひょうすべシリーズ、最終回「人喰いの国」。4年前始めた連作の完結発表が、皮肉にもその批准を論ずる、臨時国会の最中とは。この瀬戸際も国民の多くが自国の危機を知らない!政府の悪巧み?国民無知?いいえ大本営様の「ペンのお力」!腑抜け報道と隠蔽放送の罠を抜けたい!
表…