投稿

「新潮45」10月号の記事に笙野頼子の抗議文がnoteに

笙野頼子さんの抗議文が北原みのりさんのnoteで9/20より公開されました。
私たちは抗議する 笙野頼子・北原みのり|Minori Kitahara|note
馬場秀和ブログにもさっそく紹介されています。
『私たちは抗議する 笙野頼子・北原みのり』(note掲載2018年9月20日)
この抗議文は、「新潮45」2018年10月号特別企画「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」小川榮太郎「政治は「生きづらさ」という主観を救えない」の記事を批判したもの(ちなみに『杉田水脈』論文とは同誌8月号杉田水脈「「LGBT」支援の度が過ぎる」です)。
そもそも性だけの問題なのか。尊厳の問題だ。しかも社会との関係性の問題である。人は光を求める。社会的存在である。光の下で、好きな人と暮らしたい。
というかこの痴漢擁護論考、文学についても全体についても論考とも何とも呼べぬ低劣さである。何も言っていない。すべてを貶めて卑怯犯罪や猥褻語で汚し、下劣な一人合点をしているだけだ。全く同感です。
異性愛という性的指向は堂々と公表できるのに、なぜ違うLGBTだけが「性的嗜好」扱いを受け、隠せと言われ、LGBT保証するなら痴漢する権利も保証すべきと、性犯罪扱いされねばならんのでしょう。
この記事全てが同性愛者に対する差別。
杉田水脈「「LGBT」支援の度が過ぎる」では「同性愛の人たちに対して、「非国民だ!」という風潮はありません」とありますが、いま特別企画で差別しているではないですか。
<--追記--!>
9/22日(土)にしんぶん赤旗にもまとめ記事が。笙野さんのコメントが掲載されています。
『新潮45』の杉田氏擁護特集/社内から批判、作家も/「差別を野放しするな」
 作家の笙野(しょうの)頼子さんは小川氏の寄稿について、「被害者の人間性や性の尊厳を、卑怯(ひきょう)犯罪になぞらえておとしめる低劣な暴論。そもそも新潮社は密室か? 刊行物は独り言か? 報道は偏向させているくせに。痴漢だけ自由とは。編集長更迭!」と本紙に語りました。
9/18(火)に「新潮45」10月号が発売されてから、各所で内容が批判され炎上中です。
痴漢とLGBTの権利をなぜ比べるのか。「新潮45」小川榮太郎氏の主張の危険性、専門家が指摘
LGBTは、性的嗜好ではない。「新潮45」小川榮太郎氏の主張はここが間違っている。識者が指…

群像10月号創作合評に「ウラミズモ奴隷選挙」&10/17書籍化

近刊情報サーチによると、10月17日に「ウラミズモ奴隷選挙」が書籍化されるようです。
http://comingbook.honzuki.jp/?detail=9784309027364
笙野頼子『ウラミズモ奴隷選挙』でAmazonに予約ページができています。

「群像」2018年10月号の創作合評に笙野頼子「ウラミズモ奴隷選挙」が取り上げられています。
http://gunzo.kodansha.co.jp/50516/52373.html
安藤礼二・蜂飼 耳・小澤英実さんらの合評です。
丁寧なあらすじ説明があり、本作の構造が明確になって理解が進みます。安藤 笙野さんは、ある時期から作品の一つずつをフィクションとして自立させてはいません。現実の世界と同様、自身が作り上げたフィクションの世界にも歴史が積み重ねられてゆく。書くもの全てが有機的につながりあい、全体として現実の世界を先取りし、現実の世界を転覆していく想像力の世界を一連の稀有な作品群として書き続けている作家です。p376小澤 この作品の舞台である近未来の世界は、現実社会がデフォルメされていますが、一部の描写はデフォルメではなく、完全にシンクロしていて、過剰でもなんでもない。だからいまはデフォルメと感じるところも、来るべき未来の姿が描かれていると思えて恐ろしかったです。p379蜂飼 作中でTPPが繰り返し批判されていたり、「ウラミズモ奴隷選挙はいきおいを増し、今では関東一円の経済特区がウラミズモの占領下になっていた」という流れがあって、笙野さんの強い想像のフィルターを通して、リアルな社会問題に対抗しようというもくろみが感じられますよね。p380蜂飼 最後に銀鈴が書いた論文はさまざまな形態の暴力を巡ってのことで、これが中心的なモチーフになっていることは間違いないですよね。p382・沼際の石神夫婦。去った夫が戻ってきたら息子キャラなのはなぜか
・ウラミズモに終わりの方で女装男子が出て来るのは多様性か
・にっほんに対抗しているウラミズモの在り方も暴力だと自覚的である
・奴隷選挙とオストラは表裏一体の関係
などなど様々な要素を語られていて、読み応えがありました。

図書新聞【3367号、9月15日号】岡和田晃さんの連載「〈世界内戦〉下の文芸時評」第43回「身体感覚を突き詰めて世界の全体性を記述する、リトルマガジンの出発点」に笙…

岡和田晃『反ヘイト・反新自由主義の批評精神』に猫キッチン荒神書評

岡和田晃『反ヘイト・反新自由主義の批評精神 いま読まれるべき〈文学〉とは何か』の
「II ネオリベラリズムを超克する思弁的文学」に「文学による「報道」ー笙野頼子『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』」が収録されています。
エピソードの中では、二〇一五年、三重県志摩市が私企業による海女の卑猥な萌えキャラ化を「公認」したことへの言及に着目したい著者は反対署名に参加したことでネット右翼らに「たかられ」た。その経験を通し、文壇の論争で体感した、生きた人間を平面化する類の「二次元評論」が、広く世間に浸透していることを確認する。そして環太平洋連帯協定(TPP)による植民地的な収奪を危惧する著者は、「性暴力と経済収奪、ヘイトスピーチはまったく三位一体」という認識に到達する。収奪する側の人権を無視する論理は大体同じなんですよね。

「時事通信」2017年10月10日配信された書評で、当時は見逃したため、こうやって書籍で参照できると助かります。
版元ドットコムの試し読みでは、本書の目次が見れますよ。
反ヘイト・反新自由主義の批評精神 いま読まれるべき〈文学〉とは何か - 寿郎社 | 版元ドットコム

しんぶん赤旗8/17に笙野頼子&木村紅美対談記事

しんぶん赤旗 8月17日(金)7面文化の話題に木村紅美さんと笙野頼子さんの対談記事「さあ、文学で戦争を止めよう/作家 笙野頼子さん 作家 木村紅美さん」が掲載されています。
しんぶん赤旗|日本共産党
群像で『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』書評を書かれた木村紅美さんと笙野頼子さんの対談です。
その時の事や、新作TPP警告小説「ウラミズモ奴隷選挙」(「文藝」2018年秋季号)、木村紅美『雪子さんの足音』のお話など。
さっそく平林堂書店さんが紹介しておられますね。
しんぶん赤旗2018年8月17日「文化の話題」欄の記事です。
「さあ、文学で戦争を止めよう 作家 #笙野頼子 さん・TPPへの危機感 作家 #木村紅美 さん・沖縄に身を寄せて」#しんぶん赤旗 のお申し込みは、#日本共産党#上小更埴地区委員会(上田市小牧1162-4)0268-22-2631 まで。 pic.twitter.com/rGvDjvBD65— 平林堂書店・上田市 (@ririnndesu) 2018年8月17日「笙野 今後ともかくTPPから脱退しなければ。まず、ごまかしのない、真の政権交代が必要です。選挙の結果はわが身に返ってきます。完全主義で棄権するのではなく、一回一回を大切に、あきらめたらいけない。」
まさにその通りですね。選挙で棄権するのは、白紙委任状を出してるだけで、政権にお任せしてるだけですから。

東京医大性差別受験抗議の投稿で

東京医大の入試で女性と三浪以上の人を減点していたという衝撃的なニュース、ご覧になりましたか。
東京医大の入試不正は「女性差別以外の何物でもない」 少なくとも2006年から得点を操作か
大学入学すら拒否されるという露骨な女性差別に驚愕。受験関係者では以前から知られていたらしいですが、何で今まで放置されていたのか不思議で仕方がないです。

その救済に「東京医大等入試女性差別訴訟を支える会」が立ち上がる様です。
井戸 まさえ(@idomasae)さん | Twitter
何とそのメールアドレスの由来が笙野頼子さんのメッセージ(デモのコール?)だそうです。
#20180803東京医大性差別受験抗議|Minori Kitahara|note
東京医大をはじめとする医学部の入試で不当な女性差別により被害を被った女性たちの訴えを弁護団とともに支えます。当事者のみなさん、ご連絡ください。守秘義務等はもちろん守ります。kaese0802@gmail.com まで連絡下さい。

kaese。これは帰宅後、尊敬する作家の笙野頼子さんからのメッセージから、もらった言葉。最後に、今日、私がいただいたたくさんの言葉から笙野さんの言葉をここに、あなたにおすそわけ。

受験料返せ、電車賃返せ
努力を返せ 時間を返せ お金を返せ 人生返せ
本来ついてる職業返せ

人権奪うな 尊厳返せ受験料六万円かかるそうですよ。お金は平等にとっておいて、性別で選んでるとか勝手すぎます。

「文藝」2018年秋号に新作長編「ウラミズモ奴隷選挙」掲載

イメージ
7月6日発売された「文藝」2018年秋季号に、笙野頼子さんの新作長編「ウラミズモ奴隷選挙」が掲載されています。
TPP警告小説、長編420枚一挙掲載です。
植民人喰い条約 ひょうすべの国』の続編。
2016年にTPPが批准されたパラレルワールド。当然水道法改悪、種子法廃止、働き方改革は悪法化して奴隷法にまでなった世界。人口の75%が奴隷のにっほんで人々は生き残るため、国を決定する選挙でウラミズモに占領される事を選びます。最後には関東一円も占領され、九州と山口県以外は選挙で国替え。日本列島ほぼウラミズモに(但し北海道と沖縄は独立)。
語り手は、S倉の沼際に住む石神・姫宮様と男性保護牧場の展示館で長年働く市川房代。そしてウラミズモ一のエリート高校生・猫沼きぬと又尾銀鈴の語りやメールが交錯していきます。
にっほんの残虐なおんたこ痴漢強姦野郎のキモメールやひょうすべの残虐メールまで飛び出す中、誹謗中傷・妨害・セクハラ・虐待を乗り越え「奴隷選挙」に投票しウラミズモに移ったP田女子の語りには心動かされずには入られません。

TPP参議院可決後の著者近況はこちらにあります。
笙野頼子「近況ご報告その他」
4月のWeb河出:[書き下ろし短篇小説]ウラミズモ、今ここに
合わせてチェックすると理解が深まります。

さっそく、馬場秀和ブログさんの感想ができていますよ。
『ウラミズモ奴隷選挙(「文藝」2018年秋号掲載)』(笙野頼子)
『水晶内制度』やだいにっほん三部作などのつながりを押さえた解説でわかりやすいです。

ブロガーズの東條慎生さんの連作感想ツイートも。
笙野頼子『ウラミズモ奴隷選挙』、性暴力や差別が合法化されたり、水を企業に占有されたり、人の命を金に換える「ネオリベ」「にっほん国」のありさまは誇張でもフィクションでもなく、現実に過ぎないということがじわじわと感じられるきわめて生々しい小説。 pic.twitter.com/OstOs5Euw2— 東條慎生のReal genuine fakes (@inthewall81) 2018年7月10日「笙野の未来史連作は痴漢常習者のロジック――加害者が自分を被害者として暴力を正当化する論理で成立する国家を描いている。」とはおっしゃるストリートで、その論理の醜さ、悪質さを存分に描き出した作品だと思います。

「群像」2018年10月号の創作合評…

笙野頼子エッセイ「近況ご報告その他」資料室に掲載

イメージ
7/3より笙野頼子さんのエッセイ「近況ご報告その他」、笙野頼子資料室に掲載です。
近況ご報告その他 | 笙野頼子資料室
内容は参議院会館前のTPP抗議集会の話、早稲田文学渡部批判について、そして猫の近況。さらに新作予定まで。
集会の写真と老猫ピジョンさんの写真も入ってます。2011年にTPPという、国民奴隷化、植民地化、国産全業種絶滅、日本語も滅亡、という恐怖が存在する事に気付き、授業や作品で批判、警告を続けておりました。環太平洋パートナーシップ協定という正確な名前ではなく、判りやすく人喰い条約と読んで危惧しておりました。このTPPは発効すれば国民のほぼ全員があらゆる分野に渡って長年の深刻な被害を受けます。日本沈没です。

例えて言うならばあの恐ろしい高プロは人喰い鬼、しかし、TPPは地獄です。鬼のいない地獄はありえません。鬼を一匹成敗しても、地獄はそれ自体鬼の住処なのです。

このTPP、水道法改悪、種子法廃止、で日本は滅びます。RCEPが並べば、アジアまでも。

二十八日は遠出でリウマチが悪くなり、家でネットの国会中継を見ていました。内閣委員会では田村智子さん、山本太郎さんらによるTPP批判が行われました。このお二人は、関税、医療、水道、という重要分野で、まさに国が壊れてしまうほどの大問題と新事実を指摘しました。にもかかわらず、「鬼の首」をとったように、と地獄の大臣は抜かし、強引な採決。採決直前、山本太郎さんの、長時間に渡る反対討論に涙しました。山本太郎の反対討論はこれかな。書き起こしもある。

2018.06.28 内閣委員会 反対討論「山本のアホ、半端ないって~反対討論、普通3分くらいやのに 10倍くらいやってるもん そんなん、せえへんやん普通~ に関する動画・字幕入り

最後にさらっと新作情報ありましたが、何気にすごいですよ。
・7/7文藝に「ウラミズモ奴隷選挙」400枚掲載
・ミルキィ・イソベさんが笙野家猫達の写真集を出す(書きたし小説百枚と未収録作品も!)
・7月赤旗で対談
・群像の新年号で短編
・民主文学新年号で短い文章
ネコさんたちの写真集が出るんですよ。しかも小説収録で。楽しみすぎますね。