投稿

週刊読書人9/22号と赤旗9/17(日)に「猫キッチン荒神」書評

・書評専門紙「週刊読書人」2017年9月22日号(3207号)5面に友田健太郎さんの『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』書評が掲載されました。
その書評が9/18付で「週刊読書人ウェブ」に全文公開されました。太っ腹ですね!
友田健太郎「静謐な印象の読後感 多くの女性たちに送る連帯のあいさつ」『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』書評|週刊読書人ウェブ
圧巻は作者が幼いころからの家族との生活を振り返る場面である。かつて女性として初めて共学化した国立大学に入学した母、会社を立ち上げ成功させた父、今は名医となっている弟。作者については言うまでもない。一人ひとりが人並み外れたものを持つ家族が集う食卓は、それゆえにか、いたたまれないような自我の衝突の場となっている。

中でも母親の存在は深い痛ましさを感じさせる。大きな庄屋の跡取りの座を捨てて父親と結婚した母親は、料理に打ち込み、当時珍しかった西洋料理を自力で再現し、地域の主婦に広めていた。誇り高く常に上から目線でものを言い、しかし他人には慕われていた。そんな母の作る手の込んだ料理を常に否定する父。両親の狭間にあって緊張を強いられ、双方から感情をぶつけられる作者。語られるのは一つの家族の歴史ではあるが、戦後日本の家庭が女性にとってどういうものだったかを鮮やかに照らし出している。

父親が留守のとき、母親は父親が嫌うハンバーグなどを作ってくれたという。「女が閉じ込められる場所とされる台所」で、母親は作者に、二次方程式から古い映画の粗筋まで、あらゆる知識を授けてもくれた。「ここで生まれて消えていくかけがえのない感動、いや、消えない、私が覚えているから」。生命の糧が日々作りだされる台所。多くの夢をはぐくみ、封じ込めもする台所。親が子に、多くを伝える台所、同時に、一人が一人でいることもできる台所。

多くの女性が台所で過ごした時間、積み重ねてきた思いは、数字に換算することはできない。だからこそ作者は、台所をグローバル資本主義への抵抗の拠点として位置づける。それは私的な領域に封じ込められて生きる多くの女性たちに作者が送る連帯のあいさつなのだ。確かに金毘羅の家族は人並み外れた人ばかり。その視点はなかった。目から鱗。
そして家族との台所の話はまさしく友田さんの説明通りで、ここまできちんと解説した書評はなかったのではないでしょうか。…

9/22「さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神」電子書籍配信

イメージ
笙野頼子『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』が電子書籍化。9月22日に配信予定です。

(ギドウさんつながりで『未闘病記』と並べて見ました)
Kindle版は1,674円、iBook版は1700円。
電子版がようやく配信、ずっと待ってましたよ!

日経8/31夕刊「目利きが選ぶ3冊」に猫キッチン荒神

日本経済新聞2017年8月31日夕刊 文化16面「目利きが選ぶ3冊」に『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』が紹介されています。
 愛猫のために戦争を止めなければ。でもどうやって? 小説家は筆を執る。目の前の現実を描くために。
止められるかどうかよりも、止めようともしない方が嫌。笙野さんの声に耳を傾ける。批評家・陣野俊史さんより読むべしの星4つ頂きました!
あわせて、古川日出男『非常出口の音楽』、上田岳弘『塔と重力』を紹介。

そして、いま書店に行くと「猫キッチン荒神」に、飼い猫ギドウのポストカードや著書手書きメッセージとか展示してあるらしいですよ。要チェック!
笙野頼子さんの新刊『さあ、 文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』をツイートなどで応援してくださっている書店の皆さま、ありがとうございます。笙野さんの手書きPOPやポストカードをお送りしました。よろしくお願いします。 pic.twitter.com/UsPEeoBj3s— 群像編集部 (@gunzo_henshubu) 2017年9月1日
千葉県S倉市内に御在住の大作家、
笙野頼子先生より、大変素敵なメッセージを頂戴致しまた。
笙野先生、ありがとうございます!
最新刊『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』(講談社)
地元書店の担当者として、ゲキ推し致しますっ!! pic.twitter.com/DTChQ6f1Le— ときわ書房志津ステーションビル店 (@shizu18986354) 2017年9月1日
ポストカードの端の方に写ってるのは、ギドウの肉球ではないだろうか?

GINZA9月号ブックワームの部屋に「猫キッチン荒神」

20周年を迎える東京発モード誌「GINZA」2017年9月号の、木村綾子さんのブックワームの部屋 今月読みたい珠玉の3冊に笙野頼子『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』が紹介されました。
あわせて、戌井昭人『ゼンマイ』、佐久間裕美子『ピンヒールははかない』を紹介。
ginzamag.com/archives/30453
公式サイトにも全文公開されており、ネットで読めます。ありがたい。
〈あのなあ、あんたさんら、たかが時代を恐れて、黙っていて、どうするんさ。〉S倉市の高台にある家の台所から、猫荒神と著者の掛け合いによって語られるのは、〈「平穏」の中に隠された国難の有り様〉。TPPへの危機意識、右傾化する政権、難病患者を逼迫させる薬価上昇、家差別……。〈蓄えよ、冷凍せよ、そして資本主義から逃走せよ〉社会状況と生活とが直結する台所からの訴えに、危機迫る日本の現状があぶり出される。数行に内容をコンパクトに紹介していて素晴らしい。「千とプラトー」も押さえている所もGoodJobです。

群像9月号に木村紅美の『猫キッチン荒神』書評

群像2017年9月号に木村紅美さんの『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』書評が掲載されています。
しかも群像公式サイトに全文公開されているのです。これは読むしかない。
他者への想像力の大事さ(『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』笙野頼子)木村紅美
 昨年の七月、住民百五十人ほどの高江には、全国から動員された五百人もの機動隊が押し寄せ、座り込みテントは強制撤去、負傷者も出た。高江の人はよく「高江で起きることは、いずれ東京や全国でも起きる」と言う。本書では、人喰いはまず沖縄から丸飲みにする、と繰り返し書かれる。この国の舞台裏に巧妙に隠されてきた恐ろしいことは、今やじわりと、見えやすい場所に広がりだしている。 今の時代を小説にする難しさ、ほんの一部に集中する大きなお金のために人間が踏みにじられてゆくことへの怒り、持病である膠原病の苦しみを書きつつ、作者は、日々の生活に楽しみを見出す。ドゥルーズの相棒ガタリの概念から、リトルネロ、と名づけた冷凍庫に蓄える、好きなおかずを作る喜び、自分のリズムで居場所を確保し不安をなだめるようすには勇気づけられる。みっともなく激変する日本の現実を「スルーなしの設定で」作品に取り込もうと、初めて参加した国会前デモ、ヘイトスピーチへの抗議行動。報道されないディテールに驚き、書きたいことが次々見つかる。亡き猫のドーラが女王口調で労わってくれる空想を交え、筆は自在に飛び回る。
 萌エロキャラと戦争の問題もつながる。高学歴も継ぐべき財産も全て捨てて嫁入りした「母」が、作者の子供時代、大変な手間をかけ作るご馳走の数々、それらのならぶ食卓を台無しにする父の横暴さ。その寒々しい光景の裏側には、まえの戦争の傷痕と、いまに至る日本の風潮がどろりと引きずられている。これまで作者が思考してきたさまざまな要素がぶち込まれ、響きあう本書は、憤りの渦巻くカオスのようでありながら、この文学の基本であろう他者への想像力の大事さに貫かれ、誇り高く光り輝いている。まさに、政治・経済・過去・現在・未来の予想(と主人公の過去と現在)など様々な要素を盛り込みながらも、過去作よりさらにパワフル、さらに読みやすくなっていますよね。

『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』感想リンク集

イメージ
笙野頼子『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』講談社より7/31に発売されました。

講談社公式サイトのページ;『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』笙野頼子
装幀はミルキィ・イソベ+安倍晴美。裏表紙の帯はあたかも雑司ヶ谷猫軍団7匹がSNSしてるみたい。
電子書籍は9月22日より配信。Kindle版は1674円iBook版は1700円
ブログの感想さっそく馬場さんに感想がアップされてます。
『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』(笙野頼子):馬場秀和ブログ
 ネオリベと経済搾取、性暴力と差別とヘイト、それらが絡み合って一体化して基層となっている日本の姿を書いた『ひょうすべの国』。自身の生きにくさ、猫との出会いと別れを書いた『猫道』。本書ではついにそれらが合流して、小さな「私」を離れることなく神視点で世界をとらえる「私小説」へと飛躍してゆきます。まさにまさに。ひょうすべ+猫道+金毘羅が合わさった小説です。

笙野頼子「さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神」 : phantasmagoria
ここで繰り返し語られるのは「見えなかったものが見えてくる」ということ。自身の病気を知り、ほんとうのルーツを知ったことで、過去は塗り替えられていく。これまで何度も語られてきた――もちろん本作でも――政治家たち、あるいは人喰いたちによる「見えないものはないことと同じ」「だから奪って食ってなかったことにしてもいい」というような論調。しかし作家がこうして「見えなかったものを見ようとする」ことで、隠されようとしていた欺瞞は暴けるということが証明されているのではないか。うさぎやさんの感想。なるほど、様々なエピソードに「見えなかったものが見える」という共通点があるのですね。

Instagram「笙野頼子、新刊『さあ、文学で戦争を止めよう…」
石川雅之さんのレビュー。「自分自身の病と来歴、飼い猫たちの来し方と終焉等々を、話法、時制ともに自在に描出しながら、そうした私世界を脅かす、今ここにある「戦前」の実相と恐怖を鮮烈に語りつくした身辺雑記。」と見事に内容をまとめています。

笙野頼子『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』、キッチンからも戦争は見える。つうか、作者にとっては、戦争もTPPも猫も病気も家族も、みんなつながってるんだよね。だからこそ、自分の生活、例えば「食」を自分…

『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』7/31発売

笙野頼子『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』、発売日が7/31に変更されています。
新刊書籍発売予定表|講談社BOOK倶楽部
Amazonなど通販は8/1発送。
さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神 | Amazon
群像2017年4月号に掲載された長編小説「さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神」が、7月31日に書籍化。
小説神変理層夢経シリーズ(猫荒神モノ)第三章に当たる本作は288ページと読み応えたっぷりです。
内容紹介によると、飼猫たちのアイコンが帯に掲載されてるらしいですよ?
今? 日本? 戦前だよもう、危険すぎる。なのに「報道」は黙ったままなのかい。
ああ? 地獄は世界中で進行しているよ。根本に何があるって? 人間を数字化し喰らいつくす新自由主義さ。それは自由貿易とは名ばかりの人喰い条約によってもたらされる。
その化け物の名は、TPP、RCEP、日米FTA、日欧EPA、TiSA……

他国ではこの人喰い条約に国民挙げての反対運動が起こり焼身自殺まで出た。我が国は? そう、マスコミのだんまりと腑抜けにより、国民は何も知らされぬまま……しかも日本はこのまま戦争になってしまうのか、前の戦争の傷と暴力を引きずったままで。とどめに派兵?

じゃあ、止めるよ!
文学で戦争を止めてやろう。文芸誌から文学枠で出版をするさ。これなら言論統制もできないってこと。そう、「究極の報道」だよ。

甲状腺機能亢進症の老猫を介護する、希少難病、混合性結合組織病の作家教授が、ひたすらに描く、「まだ幸福な」日常
その大切な猫と大好きな台所や、簡単でおいしい料理に忍び寄る戦争

そうだよ文学は何からも目を背けることのできない、真の報道なのさ
デモも行ってみたよ国会前にもね、少しだけど書いたから

こうして、かつて作家が保護した七匹の猫たちまでも、ついに総がかりでカウンター発言、怒涛のツイートを(しかも帯には全員の猫アイコンが)!
ドーラ@dora
はぁ文学に政治を持ち込むなですって
リュウノスケ@ryunosuke
でも文学部から徴兵されるんだよ?
モイラ@moira
ほほう、戦争が猫と台所を避けて通るとでも
ギドウ@guidoux
FTATPPで水道代超上がるよ猫のお薬もね獣医さんまでが危険キケーン
ルウルウ@loulou
日米FTA戦争は付け合わせ(ミサイル危機はおまけ)ねえねえ…