投稿

週刊金曜日10/20号笙野頼子インタビュー

週刊金曜日2017年10月20日(1157)号の特集「抵抗する文学」に笙野頼子さんのインタビューが掲載されています。
特集:民主主義かファシズムか|週刊金曜日公式サイト
『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』笙野頼子インタビュー
「小池百合子という人は、怒れる女性や反原発を『捕獲』して人々を騙す。人間の皮を脱いだら人喰い鬼の正体を現すだけです」
(聞き手・伊藤氏貴)、
『R帝国』中村文則インタビュー
「選挙の結果次第では、たぶん日本は見たこともない景色を見ることになると、僕は思います」
(聞き手・伊藤氏貴)、
『闘う文豪とナチス・ドイツ トーマス・マンの亡命日』池内紀インタビュー
「トーマス・マンは決して情報を鵜呑みにしなかった。情報が安直に手に入る今、その集め方には『自分の流儀』が必要です」
(聞き手・倉本さおり)、と豪華ラインナップ。
笙野さんはトップバッターでp26〜28に掲載されています。
で、今から私が言いたいのは外国と戦争して、勝つか負けるか、もちろんそれも大変おそろしい事ですが、国内で弱い者を喰うのが戦争だと言うことです。その上戦争自体もそこに至る道も大変見えにくい。一言でいうと偽物が本物になり変わる時代なので。
ドゥルーズ/ガタリが使っている「捕捉装置」という概念があります。これを使って少しお話します。『千のプラトー』のドゥルーズはこの捕獲装置を貨幣に関してしか使わないんですけど、私は「だいにっほん三部作」(『だいにっほん、おんたこめいわく史』『だいにっほん、ろんちくおげれつ記』『だいにっほん、ろりりべしんでけ録』)で、ずっとテーマを拡大し追求してきました。「捕獲」とはどういうことか、まず、一つの本質的な存在があります。反原発であってもフェミニズムであっても、小さい集団などがあって、それがまず一見小さくともガチな切実なことを語る。そうすると必ず、偽物が出てきて似たようなことを叫ぶ。その時には、そっくりながらも曖昧で参加しやすい大きな仕掛けを作るんです。その中へだまして参加させた人を全部取りこんで、「こっちこそ本物だ」という。元の小さい団体の方は潰れてしまいますね。すると偽物は反原発でもなんでも、そこで止めちゃうんですね。
最近で言えば、小池百合子という人は、それを実にうまくやった人です。前の選挙の時は、フェミというより「怒れる女性」を捕獲したん…

赤旗日曜版10/8に「猫キッチン荒神」著者インタビュー

しんぶん赤旗日曜版10月8日号29面「読書のページ」欄に、笙野頼子『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』が紹介されています。
http://www.jcp.or.jp/akahata/web_weekly/2017/10/08-week/
著者インタビュー&写真付き。でも小説タイトルに「猫キッチン荒神」が抜けています…。
「『さあ、文学で戦争を止めよう』というのは世界中の戦争を止めてみせるよ、ということではないんです。マスコミが書かない危機を、それぞれ得意なもので告発しようということ。歌手は歌、カメラマンは写真で止める。私には文学しかないから、『さあ、文学で戦争を止めよう』」これは本編で書かれている主張の一つですね。
「猫を飼うようになってから文学賞が続きました。猫たちと共に喜び、泣き、怒ってきた。だからこそペットロスはつらい。同じ体験をした人たちと一緒にロスを克服できるよう、何か描こうと思っています」新作はペットロスがテーマになるのでしょうか?楽しみです。

「猫キッチン荒神」を宣伝されてる平林堂書店さんが記事をアップされています。
しんぶん赤旗日曜版10月8日号「読書のページ」欄に、本書(『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』笙野頼子著 講談社から税別1,900円)が紹介されています。
「作家・笙野頼子さん 嫌われても書きたいこと書く・もっと危ない安倍政権を嫌えよ」 pic.twitter.com/DU4Zg5bTM1— 平林堂書店・上田市 (@ririnndesu) 2017年10月7日

「猫キッチン荒神」ポスカプレゼント&著者コメント

文芸誌「群像」のTwitter公式アカウントで、笙野頼子さんのコメントが公開されました。
何と『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』にある読書ハガキで応募された方から、先着10名に「飼猫ギドウポストカード」をプレゼントされるそうです。先着順なので急いで送りましょう。
<笙野頼子さんより、近況報告とお知らせ>(連続ツイートします)
読者の皆様
ご無沙汰しております。この五月にギドウと別れてからは呆然としながらただ義務を果たしてきました。
しかし百か日も越え、今は次第に元に戻っています。
https://twitter.com/gunzo_henshubu/status/912963458081030144
<笙野さんより>2
ペットロスの中、保護猫のごくささやかな支援や写真の整理は悲しみの軽減に役立つものでした。
少し落ちついてからギドウを好きだった読者と自分のためにはがきを作りました。
とはいえ、直後には何もできなかったので刊行よりもずいぶん後になりました。失礼いたしました。
https://twitter.com/gunzo_henshubu/status/912963540499128322
<笙野さんより>3
最初はどこに置くかもわからずとりあえずツイートしてくれた書店さんにだけ、反戦ポップと一緒にお送りしました。
今度、追加して読書カードでもお送りできるようにいたしました。というのもギドウのために泣いてくれたツイートを見出したので。顔文字でただ、泣いていたのです。
https://twitter.com/gunzo_henshubu/status/912963576058462208
<笙野さんより>4
むろん、少数精鋭読者のためのものですので、まことに少部数しか用意していません。
まだまだつらくはあるのですが、写真を撮っておいてよかったと思います。
私たちは毎日幸福に暮らしていました。
そしてもし今からまだ猫が飼えるのならその猫を守りたい。無事にみとりたい。
https://twitter.com/gunzo_henshubu/status/912963663983554560
<笙野さんより>5
拙作に書きましたようにヘイトと戦争は表裏一体。
本の片づけを少しすると全身痛で寝込むという毎日ですが、今年は九月一日だけ、両国の横網公園に出かけていました。
デ…

『猫キッチン荒神』もKindle50%pt還元セールに

講談社のKindle50%ポイント還元セールで、笙野頼子『猫キッチン荒神』他14作品が50%pt還元対象(837pt)になってました。
Amazon.co.jp: 笙野頼子: Kindleストア
・『猫道 単身転々小説集』
・『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』
・『小説神変理層夢経 猫未来託宣本 猫ダンジョン荒神』
・『未闘病記』
・『幽界森娘異聞』(文庫)
・『だいにっほん、おんたこめいわく史』
・『だいにっほん、ろんちくおげれつ記』
・『だいにっほん、ろりりべしんでけ録』
・『てんたまおや知らズどっぺるげんげる』
・『ドン・キホーテの「論争」』
・『居場所もなかった』
・『なにもしてない』(文庫)
・『増殖商店街【復☆電書】』
・『極楽 大祭 皇帝 笙野頼子初期作品集』
以上が対象作品。セールは9/22~28まで。
9/22に配信されたばかりの『猫キッチン荒神』がポイント還元とは太っ腹。だいにっほん三部作や初期作品も入ってて、まとめ買いしたくなりますな。

週刊読書人9/22号と赤旗9/17(日)に「猫キッチン荒神」書評

・書評専門紙「週刊読書人」2017年9月22日号(3207号)5面に友田健太郎さんの『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』書評が掲載されました。
その書評が9/18付で「週刊読書人ウェブ」に全文公開されました。太っ腹ですね!
友田健太郎「静謐な印象の読後感 多くの女性たちに送る連帯のあいさつ」『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』書評|週刊読書人ウェブ
圧巻は作者が幼いころからの家族との生活を振り返る場面である。かつて女性として初めて共学化した国立大学に入学した母、会社を立ち上げ成功させた父、今は名医となっている弟。作者については言うまでもない。一人ひとりが人並み外れたものを持つ家族が集う食卓は、それゆえにか、いたたまれないような自我の衝突の場となっている。

中でも母親の存在は深い痛ましさを感じさせる。大きな庄屋の跡取りの座を捨てて父親と結婚した母親は、料理に打ち込み、当時珍しかった西洋料理を自力で再現し、地域の主婦に広めていた。誇り高く常に上から目線でものを言い、しかし他人には慕われていた。そんな母の作る手の込んだ料理を常に否定する父。両親の狭間にあって緊張を強いられ、双方から感情をぶつけられる作者。語られるのは一つの家族の歴史ではあるが、戦後日本の家庭が女性にとってどういうものだったかを鮮やかに照らし出している。

父親が留守のとき、母親は父親が嫌うハンバーグなどを作ってくれたという。「女が閉じ込められる場所とされる台所」で、母親は作者に、二次方程式から古い映画の粗筋まで、あらゆる知識を授けてもくれた。「ここで生まれて消えていくかけがえのない感動、いや、消えない、私が覚えているから」。生命の糧が日々作りだされる台所。多くの夢をはぐくみ、封じ込めもする台所。親が子に、多くを伝える台所、同時に、一人が一人でいることもできる台所。

多くの女性が台所で過ごした時間、積み重ねてきた思いは、数字に換算することはできない。だからこそ作者は、台所をグローバル資本主義への抵抗の拠点として位置づける。それは私的な領域に封じ込められて生きる多くの女性たちに作者が送る連帯のあいさつなのだ。確かに金毘羅の家族は人並み外れた人ばかり。その視点はなかった。目から鱗。
そして家族との台所の話はまさしく友田さんの説明通りで、ここまできちんと解説した書評はなかったのではないでしょうか。…

9/22「さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神」電子書籍配信

イメージ
笙野頼子『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』が電子書籍化。9月22日に配信予定です。

(ギドウさんつながりで『未闘病記』と並べて見ました)
Kindle版は1,674円、iBook版は1700円。
電子版がようやく配信、ずっと待ってましたよ!

日経8/31夕刊「目利きが選ぶ3冊」に猫キッチン荒神

日本経済新聞2017年8月31日夕刊 文化16面「目利きが選ぶ3冊」に『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』が紹介されています。
 愛猫のために戦争を止めなければ。でもどうやって? 小説家は筆を執る。目の前の現実を描くために。
止められるかどうかよりも、止めようともしない方が嫌。笙野さんの声に耳を傾ける。批評家・陣野俊史さんより読むべしの星4つ頂きました!
あわせて、古川日出男『非常出口の音楽』、上田岳弘『塔と重力』を紹介。

そして、いま書店に行くと「猫キッチン荒神」に、飼い猫ギドウのポストカードや著書手書きメッセージとか展示してあるらしいですよ。要チェック!
笙野頼子さんの新刊『さあ、 文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』をツイートなどで応援してくださっている書店の皆さま、ありがとうございます。笙野さんの手書きPOPやポストカードをお送りしました。よろしくお願いします。 pic.twitter.com/UsPEeoBj3s— 群像編集部 (@gunzo_henshubu) 2017年9月1日
千葉県S倉市内に御在住の大作家、
笙野頼子先生より、大変素敵なメッセージを頂戴致しまた。
笙野先生、ありがとうございます!
最新刊『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』(講談社)
地元書店の担当者として、ゲキ推し致しますっ!! pic.twitter.com/DTChQ6f1Le— ときわ書房志津ステーションビル店 (@shizu18986354) 2017年9月1日
ポストカードの端の方に写ってるのは、ギドウの肉球ではないだろうか?