投稿

11月, 2009の投稿を表示しています

東浩紀のつぶやきをメモ

佐藤亜紀氏のtwitterを楽しく読んでいたら、
偶然東浩紀を目撃したので、おんたこ的発言をクリップ。純文学関係者でぼくを敵視するひとが多いですが、ぼくは文芸誌から依頼されて書いている/自分の意見を公表しているだけであり、そもそも文芸誌にも(ジャンルとしての)純文学にもあまり関わりがないし、彼らの利権を侵すつもりはまったくないので、敵意を向けないでほしい。といっても無駄か。twitter@hazuma 2009年11月19日夕方敵視?誰が?間違いを指摘、批判あるいは反論しているだけじゃん。
いいかげんな事や間違いを書いておいて批判されずにすむと思っているところがすごい。
きちんと読んで書評している安藤礼二氏や清水良典氏や川村湊氏は何も言われないのにねー。純文学系文芸批評の再興は、できるひとがいるならばやったほうがいいと思います。ぼくが言っているのは、(1)ぼくは興味がないからやらない、(2)ぼくは別の市場で批評を作る、ということだけです。どうもその部分がいつもカンチガイされているんだな。twitter@hazuma 2009年11月19日夕方勘違いしているのは東浩紀の方じゃないの?
興味ないのになんで文芸誌の依頼受けるんだろ??断ればいいじゃん。思想地図とかゼロアカとかが気に食わないなら、別に自分たちでムーブメント起こせばいいのに。twitter@hazuma 2009年11月19日夕方批判されるのが嫌ならムーブメントとやらをおこさなければいいんじゃ?様々な人の東浩紀への批判を「敵視」「カンチガイ」「気に食わない」とスライド捏造して、被害者ぶっております。まさに匠の技。しかし、私は別に東浩紀を敵視していないし興味もないのに、なんで出会うかな?

須礼戸美春は再登場?

今さらですが、「人の道 御三神」後篇に登場していた須礼戸美春。
だいにっほん、ろりりべしんでけ録』 の帯に登場した「図書刊行会お得意様・須礼戸美春」さんですよね。
笙野頼子ゐき『だいにっほん、ろりりべしんでけ録』誰かが指摘するからいっかと思っていたら、もう11月。
誰も押さないままのバスの降車ボタンみたいなことになってしまった。
忘れないうちに書いときます。あと帯の文章は笙野頼子作だと『ブックデザイン ミルキィ流』にありました。
自分の本に「投石!用意」とか書いちゃうなんて面白すぎる。

「すばる」12月号に『海底八幡宮』の書評

イメージ
「すばる」の表紙画はスタイリッシュだね。
その「すばる」2009年12月号の「プレイヤード」に
安藤礼二さんによる『海底八幡宮』の書評が掲載しています。
どーんと見開き2ページだ。「すばる」2009年12月号の目次はこちら
http://subaru.shueisha.co.jp/contents/0912.html『千のプラトー』を解説しつつ、『海底八幡宮』の亜知海を解説。
なぜ千プラがでてくるかというと、以前から笙野さんは千プラを使って小説をかくと明言しており、『海底八幡宮』はその一作目だから。
私は読んだこともないので、千プラ視点からの書評は参考になります。
書評自体がちょっと難しいけど、以下書評を引用しつつ理解してみる。まず『千のプラトー』用語を解説。
「器官なき身体」=有機体・国家という体制に抗う戦闘機械と化した遊牧民たち
「強度の卵」=多くの差異をそのなかに包含しながら、融合状態にある多様体
そして引用。器官なき身体は卵である。(略)人はいつも卵を、自分の実験の場として、結合された環境として抱えている。卵は純粋な強度の場であり、内包的空間であって、外延的延長ではない。生産の原理としての強度ゼロである。『千のプラトー 資本主義と分裂症』ジル・ドゥルーズ フェリックス・ガタリ笙野デビュー作「極楽」の地獄絵もまた、「器官なき身体」兼「強度の卵」だと。 一九八〇年から三十年近い歳月をかけて、ドゥルーズ=ガタリの到達した表現の地平を笙野もまた意識的かつ無意識的に受け継ぎ、それをまったく異なった次元へと展開していったのだ。グローバルな哲学表現にローカルな文学表現が接合され、特異な世界文学にして現代日本文学でもある未知なる表現言語が成立した。安藤礼二さんも「世界文学」だって言っているよ!その言語によって形作られなければならないのは、国家という「捕獲装置」から開放された「器官なき身体」である。「器官なき身体」が押し潰され、歪められ、その力が簒奪されたところに有機体が、国家が、すなわち「捕獲装置」が出現する。国家に抗う戦闘的な遊牧民のもつ戦闘機械であり、国家の基盤となる魔術的な王がもつ捕獲装置にも変貌してしまう「器官なき身体」をいかに組織し直していったらよいのか。
なるほど、「捕獲装置」は最初は卵だった。
だれだって最初から国家権力の代弁者じゃないということか。
亜知海の潮満珠・潮干珠の話は、「…
@OBQOBQ 大阪ではその場にいる全員が音をたてて前方に転がり倒れる
吉本新喜劇か!
dozeoff81さん、嘘だから。そんな暗黙の了解ないから。
吉本芸人だってテレビでは倒れるフリをするだけだから!
��簡略化した表現として)
マジレスは無粋だけど、本当に信じて大阪でズッコケられても困るので。