須礼戸美春は再登場?

今さらですが、「人の道 御三神」後篇に登場していた須礼戸美春。
だいにっほん、ろりりべしんでけ録』 の帯に登場した「図書刊行会お得意様・須礼戸美春」さんですよね。
笙野頼子ゐき『だいにっほん、ろりりべしんでけ録』

誰かが指摘するからいっかと思っていたら、もう11月。
誰も押さないままのバスの降車ボタンみたいなことになってしまった。
忘れないうちに書いときます。

あと帯の文章は笙野頼子作だと『ブックデザイン ミルキィ流』にありました。
自分の本に「投石!用意」とか書いちゃうなんて面白すぎる。



コメント

このブログの人気の投稿

『ひょうすべの国』感想リンク集

『ひょうすべの国』発売・作者コメント公開

笙野頼子『ひょうすべの国』の書評まとめ