投稿

12月, 2015の投稿を表示しています

2015年まとめ

2015年の笙野頼子さん情報を振り返り、まとめてみます。

・2月ついに文庫版『金毘羅』『笙野頼子三冠小説集』Kindle化。代表作が電子書籍化して嬉しかったですね。

・4月に講談社文芸文庫『現代小説クロニクル 1990~1994』に「タイムスリップ・コンビナート」が収録されました。
本作は下記論文の評価が一番正確だと思います。
島村輝「鶴見線海芝浦駅縁起:笙野頼子「タイムスリップ・コンビナート」と「五五年体制」」
「タイムスリップ・コンビナート」という話は 「あらすじ」をいえば主人公が住まいから 「海芝浦」という駅に辿り着くまでの話、そういう意味では非常に単純な話であるが、主人公が通りすぎ、辿りついていく風景に敷きこまれているのは、沖縄をめぐる日本とアメリカとの関係であり、京浜運河の埋め立てに伴うさまざまなエピソードであり、あるいはまた東芝という会社がいつ何をしていたのかという 「歴史」や 「社会」の在り方である。そうした重層的な 「歴史」や 「社会」のあり様が組みこまれているのが、「海芝浦」付近の 「風景」なのだと、この小説は示しているのだ。そういう意味で、「タイムスリップ・コンビナート」の語り方は「金毘羅」や新シリーズとよく似ていますね。

・8月6日発売「すばる」9月号に崎山多美さんのエッセイ「習合ぎりぎりの境界から、私信ふうに、拝啓、笙野頼子様」が掲載。

・8月7日発売「早稲田文学」2015年秋号の緊急企画「安全保障関連法案とその採決について」アンケートに笙野頼子さんの回答が掲載。
「安全保障関連法案に反対する立教人の会」にもコメントが掲載されていましたね。

・オンライン署名活動サイトchange.orgの、三重県志摩市公認萌えキャラクター「碧志摩メグ」の公認撤回を求める署名活動に笙野頼子さんが賛同コメントを寄せられました。
まさかchange.orgで笙野さんの投稿が読めるとは、本当に驚きましたよ。
その後11月に「碧志摩メグ」の志摩市公認は撤回されました。

・10月に出版されたドゥルーズ本『ドゥルーズ 没後20年 新たなる転回』に笙野頼子「すべての隙間にあり、隙間そのものであり、境界をも晦ます、千の内在」が収録されました。
馬場秀和ブログにエッセイの解説と感想がアップされています。