こちらこそ感謝感激です

今年も今日でおわり。
笙野頼子の活動を振り返ってみる。

01月 『萌神分魂譜』河出書房新社
04月 『だいにっほん、ろりりべしんでけ録』講談社
05月 短編「九条越え前夜と火星人少女遊廓の誕生」「論座」2008年6月号
09月 長編「海底八幡宮」「すばる」2008年10月号
12月 『おはよう、水晶――おやすみ、水晶』筑摩書房

三冊の新刊と新作長編「海底八幡宮」の文学誌掲載。
だいにっほん三部作が完結編が出版される年とあって、
京都大学新聞、エスクァイア日本版、論座の三つの雑誌で特集がくまれた。
そして6月前後にひそかに三つの講演が行われていた(らしい)。
さらに田中和生との論争がらみで「三田文学」に反論、六エッセイと活躍の一年。

追いかけるのに精一杯で、理解しているかまったく心許ない。
『おはよう、水晶――おやすみ、水晶』では創作の心境が書かれているし、
出たばかりの「Panic Americana」Vol.13に掲載された講演録では『萌神分魂譜』を解説している。
年明けは照らし合わせながら、再読することからはじめよう。



コメント

fountain801ことizuminy さんの投稿…
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
新年、おめでとうございます!!
いつも、笙野頼子情報、資料室大変助かってます。情報収集能力が欠如しているので、(爆)全く持ってありがたいです。
おかげさまでPanic Americana」Vol.13も手に入れ読む事が出来ました。今年もお世話になります。
モモチ さんのコメント…
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
あけましておめでとうございます。
実家の帰省から今帰ってきたとこで、返信が遅くなってすみません。
当サイトのご利用ありがとうございます。お役に立ててとても嬉しいです。
今年もブログ更新がんばります(一般の活動家に間違われてもめげないよ!)。
「Panic Americana」は論争資料付きでお買い得な会誌でしたね。
ってizuminy さんは「老猫養老日記」さんだったんですね!
「笙野頼子どっど読む」経由で愛読しておりました。うわー、恐縮です(汗

このブログの人気の投稿

『ひょうすべの国』感想リンク集

笙野頼子『ひょうすべの国』の書評まとめ

『ひょうすべの国』発売・作者コメント公開