講談社文芸文庫『猫道 単身転々小説集』感想まとめ


笙野頼子『猫道 単身転々小説集』が講談社文芸文庫から3/14に発売されました。
講談社BOOK倶楽部|『猫道 単身転々小説集』笙野頼子
引っ越し長編「居場所もなかった」(群像1992年7月号)をメインに
「冬眠」(群像1985年4月号)
「増殖商店街」(群像1993年1月号)
「こんな仕事はこれで終りにする」(群像1994年11月号)
「生きているのかでででのでんでん虫よ」(群像1995年7月号)
「モイラの事」(『片付けない作家と西の天狗』2004年6月後書き)
「この街に、妻がいる」(群像2006年10月号60周年記念)
猫の近況報告(猫絶賛)エッセイ
・「前書き 猫道、――それは人間への道」
・「後書き 家路、――それは猫へ続く道」書き下ろし
・平田俊子さんの解説「隣の偉人」
・年譜・著書目録はおなじみ山崎眞紀子さん・飼い猫ギドウの写真付

笙野頼子作品は、信仰と神話・哲学・権力批判・家族・飼い猫(と身辺雑記)と色々な面がありますが、その一つである猫歴史を理解できる一冊です。
文庫サイズで税込1998円は高いですが、何気に384ページと分厚いですし、若き無猫砂漠時代からキャト・ドーラ・モイラ・ルウルウ・ギドウを得ての流れを実感しつつ、亡きモイラの夢を見る「この街に、妻がいる」を読むと圧巻です。これは立ち読みして単行本未収録作だけ読んでも味わえません。
どなたかにお借りするなりして最初から読み進み「この街に〜」や後書き・解説に触れて欲しい引っ越し小説集です。

さっそく馬場秀和ブログに感想アップされましたよ。
『猫道 単身転々小説集』(笙野頼子)
一つ一つの小説に感想を書きつつ、全体の構成の流れがわかる記事です。GJ.
解説の平田俊子さんは笙野さんが特任教授されてた時、研究室のお隣さんだったそうで。「ドアの向こうに笙野さんがいると思うと心が騒いだ。ノックすることは憚られた。」という気持ちわかります、わかります。
にしても年齢的に同級生(というか同期?)な上に、学び舎も同じ、研究室も隣にって、そのおいしい立ち位置なんかズルくないですか(何が?)。

コメント

このブログの人気の投稿

『ひょうすべの国』感想リンク集

『ひょうすべの国』発売・作者コメント公開

笙野頼子『ひょうすべの国』の書評まとめ