新潮 2008年05月号に笙野頼子エッセイ

「新潮」 2008年05月号7andYicon)で、笙野頼子のエッセイが見開きで掲載されています。
タイトルは「三部作を終えてと三特集―近況という名の不透明ファイル」

雑誌「群像」における三部作の妨害(受難)と論争の経緯、三部作の反響など。
「三田文学」の春号に反論を掲載していること、
「論座」6月号に特集を予定していることなど。
いつも掲載雑誌を教えていただけるので、ファンとして助かります。
これからも頑張ってください。



コメント

このブログの人気の投稿

『ひょうすべの国』感想リンク集

『ひょうすべの国』発売・作者コメント公開

笙野頼子『ひょうすべの国』の書評まとめ