「碧志摩メグ」志摩市公認撤回署名活動に賛同コメント

三重県志摩市公認萌えキャラクター「碧志摩メグ」に対して、志摩町の現役海女の方が公認の撤回を求める意見書が提出されました。
再度8月13日に現役・元海女ら211人市民98人分の309人分の反対署名を市に提出されましたが、市は応じない方針を示しています。
さらに、オンライン署名活動サイトchange.orgにて、三重県志摩市公認萌えキャラクター「碧志摩メグ」の公認撤回を求める署名活動が行われています。
そこになんと笙野頼子さんが賛同コメントを寄せています。
人気順で12番目くらいとはいえ、沢山の賛同コメントに埋もれてしまい見つけるのは困難。ありがたい事に岡和田晃さんがブログにコメント文をアップしてくれました。
Flying to Wake Island「三重県志摩市公認萌えキャラクター「碧志摩メグ」の公認撤回を求める署名活動」に賛同します&笙野頼子さんのコメント
ネットに投稿しないと決めておられた方が、ネット署名に参加されるとは。驚きを禁じ得ません。
いうまでもありませんが、著者は三重県出身で『なにもしてない』収録の短編「イセ市、ハルチ」は伊勢が舞台ですし、『金毘羅』は生まれ故郷の話がモチーフのひとつになっています。
(あと私も署名しました)
(追記:9/14)
伊勢新聞「海女キャラ、一時撤去 指摘受けデザイン変更へ」2015/9/9(水)
9月7日に「碧志摩メグ」のパネルとポスターが市庁舎から撤去されたそうです。デザイン変更のため一時的な撤去だとか。
今度はモデルである現役海女さん達も納得できる愛されキャラを作って欲しいですね。
(追記:11/5)
NHK 三重・志摩市の海女キャラクター 公認を撤回
中日新聞 碧志摩メグ「公認」撤回 志摩市が発表
碧志摩メグの志摩市公認が撤回されました。キャラクターのデザインは変更せず、民間で伊勢志摩海女萌えキャラとして活動されていくそうです。

コメント

このブログの人気の投稿

『ひょうすべの国』感想リンク集

笙野頼子『ひょうすべの国』の書評まとめ

『ひょうすべの国』発売・作者コメント公開