『未闘病記』書評まとめ

文藝 2014年冬季号「文藝」2014年冬季号のBOOK REVIEWで、小山田浩子さんが『未闘病記』の書評をかかれていました。
病気の話だけでなく、作家の内面や創作姿勢など、内容全般を押さえており素晴らしいです。

「週刊読書人」2014年9月19日号にも『未闘病記』の書評が掲載。
佐藤泉「死なないためのメタ性 作家の仕事を意味的に更新する小説」。
著者のかかった病、自己免疫疾患によって私の位置が獲得され、「文学論レベルでは私小説そのものを理論化する作業になっている」という私には難易度が高いハイレベルな書評です。
新聞などでは闘病記として評価されていましたが、今回は小説として文学的な面が評価されていて、とても嬉しいですね。
(余談ですが、読書人は電子書籍版もあるし、コンビニのコピー機でも印刷購入できて便利ですねー。)

あわせて過去の書評&インタビュー
「群像」2014年9月号『未闘病記』書評「文学、あるいは笙野頼子という病」清水良典
ダ・ヴィンチ 2014年10月号「絶対読んで得する14冊 七人のブックウォッチャー」神田法子
朝日新聞10月5日(日)書評『未闘病記』「心も体も揺さぶる圧巻な痛みの描写」内澤旬子
河北新報11月9日(日) 読書欄に清水良典さんの『未闘病記』書評(未確認)

毎日新聞9月7日(日)今週の本棚・本と人『未闘病記』著者 笙野頼子さん
朝日新聞9月30日(火)言葉は自分自身を救う 膠原病との「未闘病記」刊行 笙野頼子さん
山陽新聞9月27日(日) 笙野頼子さんインタビュー(未確認)

書評5つにインタビュー2つ。この反響の大きさはだいにっほん三部作以来ですね。
さらに追加。
11月12日(水)11:05~NHK総合「ひるまえほっと」番組内「中江有里のブックレビュー」で紹介
書評の新聞「週刊読書人」2014年12月19日号年末回顧総特集の4面文芸欄で『未闘病記』がグランプリに選ばれました。
「女性自身」2015年1月6日・13日合併号の「新進文芸評論家&連載陣が選ぶ・2014年BEST本」で田中弥生さんが笙野頼子『未闘病記』を紹介。
「週刊新潮」2015年1月1・8日号の「年末年始お薦めガイド」私が選んだ「ベスト5」Book Selectionで、中江有里さんが『未闘病記』を選ばれています。
日本経済新聞2014年12月28日(日)朝刊 「回顧2014 私の3冊」特集で清水良典さんが『未闘病記』を三冊のうちの一つに挙げられています。

コメント

このブログの人気の投稿

『ひょうすべの国』感想リンク集

『ひょうすべの国』発売・作者コメント公開

笙野頼子『ひょうすべの国』の書評まとめ