群像2014年11月号に追悼文

少し湿った場所群像」2014年 11月号の特集〈追悼 稲葉真弓〉で笙野頼子さんが追悼文「猫の戦友」を寄せています。
稲葉さんと笙野さんの交流、猫の話、最後にあった時の印象など綴られています。
稲葉真弓さんといえば、『愛別外猫雑記』で、
笙野さんが保護した若猫坊ちゃんをボニーと名付け、飼い主となってくれた方。
ルウルウとモイラのため、手元供養にと骨壺に敷く座布団を縫ってくれた
稲葉さんは手芸が得意なのですね。その優しさに目頭が熱くなりました。
ミーさんは稲葉さんを満たす幸福だった。「ボニーは愉快な友達、親友なの」
飼い主亡き後、ボニーは遺族の方々に大切にされているそうです。安心しました。
そのご遺族が校正された単行本未収録エッセイ集が10/15に発売だそうです。
稲葉真弓『少し湿った場所』幻戯書房

さっそく馬場秀和の感想がアップされています。
馬場秀和ブログ 笙野頼子『猫の戦友』(群像2014年11月号掲載)

コメント

このブログの人気の投稿

『ひょうすべの国』感想リンク集

笙野頼子『ひょうすべの国』の書評まとめ

『ひょうすべの国』発売・作者コメント公開