コモドオオトカゲは毒をもつ

今日はすごいニュースを二つも知った。

ブログ・服従するが果たさない経由。
つらい時は君を想い出すよ。君がつらい時は、ぼくを想い出しておくれ。
忌野清志郎さんが闘病時に小児がん幼児にエールを送ったとか。

もうひとつはブログ・かめ?経由。
コモドオオトカゲのなぞ解明 獲物に毒を注入
コモドオオトカゲは別名コモドドラゴンと呼ばれている、
人の道 御三神」後篇にでてきた可愛いコモドドラゴン三姉妹のことですよ。

コモドオオトカゲは獲物を攻撃する際、かみついた相手の傷に毒を注入していることが、オーストラリア・メルボルン大のチームの研究で明らかになった。

がぶっと獲物に噛みつき、弱って大人しくなった頃合いに毒を注入するらしい。

チームによると、この毒には血の凝固を妨げる作用がある。獲物は多量の出血を起こし、血圧が降下して死ぬという。

大量出血で失血死!これは人間もイチコロだなと思ったら、実際に襲われて亡くなった方もいるとか。
恐竜と間違われただけあって強い。最強のトカゲだ。



コメント

このブログの人気の投稿

『ひょうすべの国』感想リンク集

『ひょうすべの国』発売・作者コメント公開

笙野頼子『ひょうすべの国』の書評まとめ