「文藝」2008年秋季号に笙野頼子のエッセイ

文藝 2008年 08月号 [雑誌]

「文藝」2008年秋季号は長野まゆみ特集。
��長野まゆみの公式サイト通信販売部の紹介がコンパクトでわかりやすい。)
笙野頼子のエッセイが収録されている。
小説「小鳥の時間」と対話し、リアル長野さんのことにも触れる内容。
長野さんは欲望で傷つけることを許さない優しいひとのようだ。
そして彼女を見つめる笙野さんの文も優しい。
優しい気持ちになれるエッセイだ。

ひとつ気になるのは「なるほどです」についている点々。なんだろ?
あと私は、余裕のない本が大好きだ。



コメント

このブログの人気の投稿

『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』感想リンク集

週刊金曜日10/20号に「猫キッチン荒神」著者インタビュー

『日本のフェミニズム since1886 性の闘い編』に笙野さんのインタビュー