11/26発売の笙野頼子『ひょうすべの国』の帯コメント

11月26日発売の笙野頼子『ひょうすべの国』に寄せたコメントがTwitter 文藝@Kawade_bungeiで紹介されました。本の帯に掲載されるそうです。
文芸評論家の安藤礼二さんより
“現実の「人喰いの国」日本を、文学的想像力が転覆する。時代の幻視者にして予言者の語りの魔術に戦慄する。”
作家の小山田浩子さんより
“読中読後の怖気をぜひ心身に棲みつかせて欲しい。知らない感じない興味ない覚えてない、それが彼ら(ひょうすべ)を肥え太らす好餌となる。”
作家の北原みのりさんより
“この国で女であることは地獄を生きることなのだと思う。だから、作家と対話するように読んだ。命、取り返すために。”
ライターの武田砂鉄さんより
“私たち奴隷が「奴隷かも」と気付くためのラストチャンスですよ。”
作家の松田青子さんより
“ディストピアなんて、ただの現実のことだ。私もウラミズモに移民申請したい。今すぐ。”
oh,ウラミズモ移民希望なんですね。あっちも生きづらそうですけどね。
明日11月25日には笙野さんの新コメントがTwitter 文藝@Kawade_bungeiで公開されるそうですよ。

コメント

このブログの人気の投稿

『ひょうすべの国』感想リンク集

『ひょうすべの国』発売・作者コメント公開

笙野頼子『ひょうすべの国』の書評まとめ