文藝2016年夏号に「ひょうすべの約束」

4/7発売の「文藝」2016年夏季号に、笙野頼子「ひょうすべの約束」が掲載されています。2年ぶりに新作発表です。

表紙は名前だけでタイトルはありませんが、目次にありますよ。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309978864/
この短編は、2012年冬号「ひょうすべの嫁」と2013年春号「ひょうすべの菓子」につづくシリーズ三作目。
これまではウラミズモができる前の「だいにっほん」(だいにっほん三部作の)を舞台にした主人公埴輪詩歌のお話でした。
最新作の「ひょうすべの約束」は、TPPに批准した日本の十数年後を「にっほん」(とウラミズモ)の世界で表現しています。
約束とはTPPに批准(契約した・契約のハンコ押)を指していると思われ。
今回は短編10ページに情報が凝縮されてて、あらすじを書くとネタバレになってしまう。ぜひ直に読んで驚いてほしいです。

馬場秀和さんの感想もアップされています。相変わらず、すばやく簡潔にまとめられていて素晴らしい。
『ひょうすべの約束(「文藝」2016年夏号掲載)』(笙野頼子)
本作でおそらく完結と予想。でも続きあるらしいですよー。楽しみですね!

あと「ひょうすべ」短編シリーズて、政権批判を自主規制する社会をテーマにしているのではないかと今ごろ思い至りました。

追記)kingさんもひょうすべシリーズの感想アップされてます。
笙野頼子「ひょうすべの約束」「おばあちゃんのシラバス」その他 - Close to the Wall
おかげで「リョナナイト」の意味がやっとわかりました。
本作などの美少女文化批判は、オタク文化に内在する少女への性暴力性を消すことなく、現実世界にそのまま持ち込む点(萌えアニメキャラを役所のポスターにそのまま使ったり、碧志摩メグを観光地のゆるキャラにしたり)を批判していると私は理解しています。

コメント

このブログの人気の投稿

『ひょうすべの国』感想リンク集

笙野頼子『ひょうすべの国』の書評まとめ

『ひょうすべの国』発売・作者コメント公開