Close to the Wallのkingさんが久しぶりに笙野小説の感想をアップされています。
『母の発達、永遠に/猫トイレット荒神』と文芸誌に掲載された短編「ひょうすべの嫁」「ひょうすべの菓子」、「日日漠弾トンコトン子」。
あらすじと過去の著作の関連と感想がまとめられ、わかりやすいのでオススメです。
あとで関連記事やwikiにリンク貼っとこー。

笙野頼子 - 母の発達、永遠に/猫トイレット荒神 - Close to the Wall
笙野頼子 - ひょうすべ連作とトン子 - Close to the Wall

コメント

このブログの人気の投稿

『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』感想リンク集

しんぶん赤旗8/17に笙野頼子&木村紅美対談記事

「文藝」2018年秋号に新作長編「ウラミズモ奴隷選挙」掲載