『時ノアゲアシ取リ』電子書籍化

時ノアゲアシ取リ―笙野頼子窯変小説集笙野頼子『時ノアゲアシ取リ―笙野頼子窯変小説集
Kindle版のページができました。
配信日は6月10日で、今日から予約できます。1190円。
1999年2月に発行された短篇集には以下の作品が収録。
「時ノアゲアシ取リ」
「人形の正座」
「一九九六、段差のある一日」
「使い魔の日記」
「壊れるところを見ていた」
「夜のグローブ座」
「魚の光」
「蓮の下の亀」
「全ての遠足」
「一九九六・丙子、段差のある一年」
最後の「一九九六・丙子、段差のある一年」には「短編・ある晴れた日のお母さん」という『母の発達』の続編のような小説内短編が収録されています。

コメント

このブログの人気の投稿

『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』感想リンク集

週刊金曜日10/20号に「猫キッチン荒神」著者インタビュー

『日本のフェミニズム since1886 性の闘い編』に笙野さんのインタビュー