「文藝」2012年冬季号に対談&『猫ダンジョン荒神』書影

小説神変理層夢経 猫未来託宣本 猫ダンジョン荒神

笙野頼子『猫ダンジョン荒神』の書影がアップされました。
暗い洞窟を思わせるデザインですね。
発売日は9月28日になっています。(追記)講談社に紹介ページができています。
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2178966&x=B

10月9日発売の「文藝」2012年冬季号は鹿島田真希特集で、
笙野頼子さんとの対談が掲載されるとのこと。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309977812/
新人賞三冠ホルダーお二人の対談楽しみです。

馬場秀和ブログ『小説神変理層夢経 猫未来託宣本 猫ダンジョン荒神』に丁寧な解説あり。
巽孝之教授の『猫ダンジョン荒神』感想ツイートもなるほど。

【本の話をしよう】人間とはわかりやすく わかりにくい 町田康に『猫ダンジョン荒神』の感想がありました。

笙野頼子のは激烈。自分を超越した自分を自分が。神業である。読み狂人がますます、すととすとと。自分の脳を防止するために全部吸い取って頭の中に新聞詰めて濡れ神かぶって踊りたくなるね。実にやべっす。



コメント

このブログの人気の投稿

『ひょうすべの国』感想リンク集

笙野頼子『ひょうすべの国』の書評まとめ

『ひょうすべの国』発売・作者コメント公開