文庫版『宿屋めぐり』解説に笙野頼子

宿屋めぐり (講談社文庫)

町田康『宿屋めぐり』が文庫化され、解説を笙野頼子さんが担当しています。
『宿屋めぐり』を自薦した町田康さんの特別エッセイ「粒選りのアホが書いた小説」では

笙野頼子さんにお頼み申し上げた解説も、ゴンゴンゲラゲラ、ひとつの作品みたいになってるしね。

と。たしかに小説のようで面白い解説です。
いうても内容解説(安藤礼二評の引用つき)、どころか町田小説自体の解説、町田さんに解説を頼まれる経緯まできちんと書いてます。荒神ちゃんもでてくるでよ。



コメント

このブログの人気の投稿

『ひょうすべの国』感想リンク集

『ひょうすべの国』発売・作者コメント公開

笙野頼子『ひょうすべの国』の書評まとめ