「文藝」2012年秋号に「母のぴぴぷぺぽぽ」

文藝 2012年 08月号 [雑誌]「文藝」2012年秋季号に、
笙野頼子「母のぴぴぷぺぽぽ 『母の発達』半濁音編」が掲載です。

「文藝」2007年冬号 笙野頼子特集に掲載された「にごりのてんまつ『母の発達』濁音編」では

注(2) パピプペポの母については、また、そのうちね。――作者

とありましたが、そのパ行の母がついに登場したようす。
くわしくは公式サイトの目次を参照ください。
文藝の案内|河出書房新社

馬場秀和さんがさっそく感想をツイート。さらにブログを更新。はやっ!
『母のぴぴぷぺぽぽ 『母の発達』半濁音編』(笙野頼子):馬場秀和ブログ

おもわず自分も感想ツイートしてみたり。さらに他の方のツイートもメモってみたり。



そして、老猫養老日記に「母のぴぴぷぺぽぽ 『母の発達』半濁音編」の感想アップされましたよ。

で、すっごーく気になった所。引用~P200「シリーズ中止の本当の理由を通告されたりもしているけどね、」~って、さ。読みたいんですけど。『小説神変理層夢経』シリーズ。『大菩薩峠』みたいに長編になっても。(ならなくても。いや、なるだろう。)

これ『小説神変理層夢経』シリーズのことだったの?
私「だいにっほん」三部作続編かどっちだろうと迷ってる。
「ロリタコ」の話から中止の話にいく流れだから、「だいにっほん」かなあと。


コメント

このブログの人気の投稿

『ひょうすべの国』感想リンク集

笙野頼子『ひょうすべの国』の書評まとめ

『ひょうすべの国』発売・作者コメント公開