装丁の亀は表9匹裏5匹?

「新潮」2010年3月号小説家52人の2009年日記リレーにて
笙野頼子さんが紹介していた『グリーン・カルテ』川上亜紀。
2001年までに発表した短編小説を収録した本なんです。
読んだ感想をtwitterにつぶやいてました。

掃除の合間に(さぼりに)『グリーン・カルテ』川上亜紀を読んでいる。
新潮の日記リレーで笙野さんが紹介してた本。
面白い。早めのテンポがここちよい。
早口で力があるのに脱力系。それは入院小説だからだ。
私も今胃の調子がわるく体だるいので、脱力しながら笑っている。

川上亜紀『グリーン・カルテ』読んだ。おもろい。
現実→連想→現実とつなぐのがうまい。
「医者から厳禁されている飲食、派手な化粧、インド舞踊……。いや化粧やインド舞踊は特に禁止されていない。」
なんで突然インド舞踊?でも流れに不自然さがない。そこがいい。

そしたら川上亜紀さんから鍵コメント頂きました。びっくり!
いま同人誌「モーアシビ」に詩と文章を寄稿されているそうです。
アワワな私はとりあえず検索してみた。
「モーアシビ」とは写真、詩、散文、翻訳、評論なんでもありの総合誌らしい。
現在20号まで発行されている。スゲー。
16号~18号で川上さんは『北ホテル』という小説を連載したらしい情報もゲット。
「MAKI'S Poem Page」http://www1.nisiq.net/~kz-maki/
こちらに問い合わせると分けてもらえるみたい。

そして詩集はアマゾンなら売っている。
詩集『生姜を刻む』新風舎 1996/11
詩集『酸素スル、春』 七月堂 2005/3

あと「凹む夏」という文章みつけた。
http://www1.nisiq.net/~kz-maki/doujin/epoem/11kawak.htm
そうそう、このリズム。心地いいです。未読の方はぜひ堪能あれ。



コメント

Panza さんのコメント…
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
モモチさんこんばんは。
ツイター快調ですね。
『グリーン・カルテ』の作者さんからコメントなんて!さぞびっくりされたでしょう。
ご紹介記事で読みたくなり今読み始めたところです。まだ5ページくらいですが…早くこれを言いたくて。
モモチ さんのコメント…
SECRET: 0
PASS: c401044e190513ba6c42ea6c4120d197
twitterをやっている人をブラウザで読むのが面倒くさくなて、読み専門のつもりで始めたんですけれども。
思った以上に快適なので、ぶつぶつやってます。
著者からコメントを頂いたのは、本当にアワワでした。
このような幸運に恵まれたのも笙野さんのおかげですね。
『グリーン・カルテ』は不思議なダイナミズムがあって、
Panzaさんも楽しんで頂けると思います。
Panza さんのコメント…
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
うん。ほんとおかげさまで楽しみました。ほんと現実と幻想といきつもどりつしてるね。幻想の娘よかった。後退院して室内が小さく見える、とか。
緑色が生命でありまがまがしさであり。
そいで入院という大変な話なのになぜか一ページに一回くらい笑っちゃう。またじかに書いてないけどずっと点滴の単調リズムなのだよね。それなのにラスト大きく時間飛ばすのが素晴らしい。
笙野氏が言ってることで今私が下手くそに講釈しようとしている身体と内面とが同行する権現文学ってこういうのだと思う。藤枝静男もそうらしいけど男性なのでワカランとこあるし。
いやーどうもありがとう。
あ装丁に亀何匹いるか???
モモチ さんのコメント…
SECRET: 0
PASS: c401044e190513ba6c42ea6c4120d197
そうなんです。クローン病とか辛い現実の話なのに、笑えるんです。私一ページに三回は笑ってましたよ。
本人は病気に自覚がなかったり、友人のグレイのコート→ハスキー犬とか、脳内認識をそのまま小説にしたリアルさがあります。
「身体と内面とが同行する権現文学」って本当に同行していますね。体・心・現実のつなぎがギアチェンジみたいにグッと変わるんだけど、そこが面白く笑いになっているのが上手いなーと思います。

このブログの人気の投稿

『ひょうすべの国』感想リンク集

『ひょうすべの国』発売・作者コメント公開

笙野頼子『ひょうすべの国』の書評まとめ