毎日新聞に笙野頼子インタビュー

Don Quixote BBS経由の笙野情報。
11月29日の毎日新聞に笙野頼子さんのインタビューが掲載されたそうです。
今週の本棚・本と人:『海底八幡宮』 著者・笙野頼子さん
◇終わりにして始まりの物語
http://mainichi.jp/enta/book/hondana/archive/news/2009/11/20091129ddm015070043000c.html
写真付。白髪じゃないじゃん!と思ったのは私だけか。

この『海底八幡宮』紹介、未読の人にオススメの記事。
著者の言葉を交えた説明で内容がわかりやすく解説されています。
そして次の作品の紹介まである。

3部作の完結であるが、「原始八幡シリーズ」の始まりの作品でもある。デビュー28年。「人力で掘って、ある日最後の鉱脈に当たった。ようやく私の課題が始まる」と力を込めた。生涯のテーマを掘り当てた著者の、充実ぶりが伝わってくる。

海のつぎは陸。原始八幡シリーズたのしみだ~。

そしてDon Quixote BBSには『海底八幡宮』感想リンク集も作られているのです。
http://www4.rocketbbs.com/741/bbs.cgi?id=kompira&mode=res&no=402
Panzaさん感謝です。
11月14日読売新聞夕刊の文芸季評にもちょっと触れられているとか。
どんな風に解説されてるんだろう。



コメント

このブログの人気の投稿

『ひょうすべの国』感想リンク集

『ひょうすべの国』発売・作者コメント公開

笙野頼子『ひょうすべの国』の書評まとめ