文藝2018年秋季号に長編新作掲載?

文藝2018年秋季号のページに【長編一挙掲載】笙野頼子と出ています。
文藝 2018年秋季号 |河出書房新社
笙野頼子さんの新作長編が掲載されるようです。
たしかWeb河出によると、文藝の新作は『ひょうすべの国』続篇がのる予定でしたね。
[書き下ろし短篇小説]ウラミズモ、今ここに|Web河出
前回みたく短編が掲載されるとばかり思っていましたが、一挙に長編掲載とは楽しみしかない。

河出は「発売日:2018.07.10(予定)」とありますが、Amazonの発送日は「2018/7/6」なので7月7日発売だと思われます。
あわせて、松浦理英子・羽田圭介・辻原登・長野まゆみさんらの小説も収録。こちらも楽しみです!

コメント

このブログの人気の投稿

『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』感想リンク集

週刊金曜日10/20号に「猫キッチン荒神」著者インタビュー

『日本のフェミニズム since1886 性の闘い編』に笙野さんのインタビュー