「群像」2016年10月号「群像短編名作選」に笙野頼子「使い魔の日記」再録


9月7日発売の文芸誌「群像」2016年10月号は群像七十周年記念号。
創刊70周年記念「群像短編名作選」として「群像」70年の中から辻原登、三浦雅士、川村湊、中条省平、堀江敏幸の意見を参考に編集部が短篇54篇をセレクト。
その中に笙野頼子「使い魔の日記」が再録されています。
初出・底本は「群像」1997年1月号掲載のもの。(短編のみ、著者コメント等はなし)
豪華な執筆陣の短編一覧は公式サイトで公開中。
それと「群像70年の短篇名作を読む」座談会、評論「「群像」70年の轍」、「群像」で辿る〈追悼〉の文学史、名物コラム「侃侃諤諤」傑作選を収録。
9月9日から電子版も配信されています。
Amazon Kindle版
apple iBook版
楽天Kobo版

座談会「群像70年の短篇名作を読む」P18上段では、川村湊さんが「使い魔の日記」に触れています。
笙野頼子の「使い魔の日記」についていえば、日本神話をおちょくっているというか、パロディー化している。それも正統的な神話ではなく、中世的、近世的、あるいは民間的な竜神とか蛇神のお使いということで、きわめて個人的な擬似神話を作り上げている。これはマルクス主義とはまったく正反対ですが、象徴天皇制の基づく国家神話なんかを飛び抜けている。
メジャーな竜神とマイナー蛇神という設定など『太陽の巫女』や『レストレス・ドリーム』に通じるものがあるような。単行本『時ノアゲアシ取リ―笙野頼子窯変小説集』1999年刊に収録です。

twitterを始められたClose To The Wallの東條慎生さんが感想書かれてます。

馬場秀和さんの感想もきてますよ。
『使い魔の日記(「群像」2016年10月号再掲)』(笙野頼子)

群像70年の歴史を辿る評論、清水良典「「群像」70年の轍」では、4章で1990年代の歴史として「純文学」論争を紹介しています。
トピックとしては、九八年七月に笙野頼子がエッセイ「三重県人が怒る時」と創作「てんたまおや知らズどっぺるげんげる」を同時に発表し、マスコミに散見される純文学叩きへの反撃を表明し、単独で純文学論争を展開した。論争はさらに大塚英志への批判「ドン・キホーテの侃侃諤諤」(〇二年五月)と、対する大塚の反論「不良債権としての『文学』」(同年六月)の応酬から再燃した。一連の論争は笙野の創作力に火をつけ「幽界森娘異聞」(〇〇年三月〜)を経て、壮大なネオリベラリズム批判小説「だいにっほん、おんたこめいわく史」(〇六年一月〜)、「だいにっほん、ろんちくおげれつ記」(同年八月)、「だいにっほん、ろりりべしんでけ録」(〇七年一二月〜)の三部作をもたらすことになる。

売上文学論に対する批判をきっかけに、現在のネオリベ批判、ロリコン・ネオリベラリズム批判へ発展したのでした。
エッセイは『ドン・キホーテの「論争」』に入っており、「純文学」論争の経緯は『徹底抗戦!文士の森 実録純文学闘争十四年史』とドンキの二冊にまとめられています。


私もそこ面白いなと思いました。戦時中戦争協力していた講談社が戦後文芸誌を創刊する流れ自体、知らなかったな。

コメント

このブログの人気の投稿

『ひょうすべの国』感想リンク集

『ひょうすべの国』発売・作者コメント公開

笙野頼子『ひょうすべの国』の書評まとめ