「図書新聞」3255号に「ひょうすべの約束」書評

「図書新聞」3255号 5/21号の岡和田晃さん連載「〈世界内戦〉下の文芸時評」第15回「文学を脱政治化する、「別の政治」を可視化する試み」にて、笙野頼子「ひょうすべの約束」(文藝2016年5月号)が取り上げられています。冒頭で紹介されているのですよ。
今週の図書新聞
図書新聞と読書人は、コンビニのコピー機で購入できて本当に便利。300円入れてボタンを押すと新聞が印刷されて出てくるという。最近のコピー機は高性能だね。

コメント

このブログの人気の投稿

『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』感想リンク集

週刊金曜日10/20号に「猫キッチン荒神」著者インタビュー

『日本のフェミニズム since1886 性の闘い編』に笙野さんのインタビュー