だいにっほん三部作と『てんたまおや知らズどっぺるげんげる』電子書籍化

だいにっほん、おんたこめいわく史だいにっほん、ろんちくおげれつ記だいにっほん、ろりりべしんでけ録
笙野頼子さんの代表作の一つ”だいにっほん三部作”と、『てんたまおや知らズどっぺるげんげる』が電子書籍化、9月6日に配信されました。
iOS/Android版はもちろんkindle版も同時配信されています。
電子版の書き下ろしはありませんが、三部作を一度に読めるのは嬉しい限りです。

『だいにっほん、おんたこめいわく史』(講談社)1365円
”だいにっほん三部作”第一部。
「群像」2006年1月号掲載の表題作と後書き「言語にとって、ブスとは何か」が収録です。
講談社BOOK倶楽部 電書info 『だいにっほん、おんたこめいわく史』作品詳細ページ
Kindle版、iOS/Android版:honto紀伊国屋書店

『だいにっほん、ろんちくおげれつ記』(講談社)1365円
”だいにっほん三部作”第二部。
「群像」2006年8月号に掲載の表題作と後書き「ひとりで国家と戦う君だけに愛を」を収録。
講談社BOOK倶楽部 電書info 『だいにっほん、ろんちくおげれつ記』作品詳細ページ
Kindle版、iOS/Android版:honto紀伊国屋書店で購入

『だいにっほん、ろりりべしんでけ録』(講談社)1470円
”だいにっほん三部作”第三部。堂々完結。
「群像」2007年12月号にて掲載の表題作と完結祝いの書き下ろし特典「映像」(という名の後書き)、さらに「群像」に掲載された論争文を収録。
講談社BOOK倶楽部 電書info 『だいにっほん、ろりりべしんでけ録』作品詳細ページ
Kindle版、iOS/Android版:honto紀伊国屋書店

てんたまおや知らズどっぺるげんげる『てんたまおや知らズどっぺるげんげる』(講談社)1470円
『ドン・キホーテの「論争」』がでた翌年2000年4月発行。「純文学」論争と同時期に発表された以下の短篇集4篇を収録。
「てんたまおや知らズどっぺるげんげる」(『群像』1998年7月)
「文士の森だよ、実況中継」(『群像』1999年1月)
「ここ難解過ぎ軽く流してねブスの諍い女よ」(『群像』1999年7月)
「リベンジ・オブ・ザ・キラー芥川」(『群像』2000年1月)

講談社BOOK倶楽部 電書info 『てんたまおや知らズどっぺるげんげる』作品詳細ページ
Kindle版、iOS/Android版:honto紀伊国屋書店

『てんたまおや知らズどっぺるげんげる』が出たらやはり、『ドン・キホーテの「論争」』や 『徹底抗戦!文士の森』もあわせて読みたくなりますね。とりあえずkindleリクエストぽちっと押しておきました。

コメント

このブログの人気の投稿

『ひょうすべの国』感想リンク集

笙野頼子『ひょうすべの国』の書評まとめ

『ひょうすべの国』発売・作者コメント公開