岡和田晃・巽孝之・安藤礼二『猫ダンジョン荒神』書評

【追記】安藤礼二さんの『猫ダンジョン荒神』の書評「生者と死者の魂が語る「私」小説」が11月11日の日本経済新聞に掲載されています。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO48286670Q2A111C1MZB001/

岡和田晃さんの『猫ダンジョン荒神』書評が時事通信で配信されるそうです。
11月10日~14日くらいに地方紙に掲載予定。

どうも掲載紙によって曜日が違うらしく、私の地域だと週末なのですが、千葉日報は月・火曜日だとか。
http://www.library.yokoshibahikari.chiba.jp/list/chiba/shinbun_cn1211.html
千葉県の横芝光町立図書館は新聞書評の記録を公式サイトにアップされていて(GJ!)、
それによると巽孝之さんの『猫ダンジョン荒神』書評が、11月6日に千葉日報に掲載されています。
こちらは共同通信で、他の地方紙も11月3日~7日あたりに掲載してるはずです。
【追記】河北新報11月11日、十勝毎日新聞12月1日、上毛新聞12月2日に掲載されたそうです。

図書館で閲覧される場合は、二つの書評をセットで読まれるのをお勧めいたします。
本書はもちろん小説神変シリーズ全体を理解する助けとなる事まちがいなし。



コメント

このブログの人気の投稿

『ひょうすべの国』感想リンク集

笙野頼子『ひょうすべの国』の書評まとめ

『ひょうすべの国』発売・作者コメント公開