池田雄一『メガクリティック』に笙野論

昨年、池田雄一氏の連載評論「メガ・クリティック」で笙野小説が論じられたとお知らせしましたが、
その「文學界」の連載が書籍化、発売中です。

池田雄一『メガクリティック ジャンルの闘争としての文学』文藝春秋
本作第6章「笙野頼子/神話のポリティックス」で、
笙野頼子「虚空人魚」「二百回忌」『金毘羅』『母の発達』『海底八幡宮』が取り上げられています。

文藝春秋公式サイト『メガクリティック』紹介ページ
目次は池田雄一さんのブログで紹介されています。
334ページと厚めの評論集で1995円は安いですね。

あと、池田雄一さんの公式サイトでは、雑誌の記事などを読めますよ。
でもブログやツイッターから公式サイトにリンクがないのは何故なんでしょう。



コメント

このブログの人気の投稿

『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』感想リンク集

週刊金曜日10/20号に「猫キッチン荒神」著者インタビュー

「文藝」2018年秋号に新作長編「ウラミズモ奴隷選挙」掲載