「文藝」2011年春季号に序章完結篇掲載

文藝 2011年 02月号 [雑誌]

新年あけましておめでとうございます。
年が明けて7日、さっそく新作です。

「文藝」2011年春季号に笙野頼子の小説が掲載されています。
http://www.kawade.co.jp/np/bungei.html

タイトルは「小説神変理層夢経・序 便所神受難品 完結篇 一番美しい女神の部屋」
新シリーズ序章がついに完結です。

今年は第二章が発表される予定ですし、
『萌神分魂譜』の文庫化も期待されます。
ということで、今年もよろしくお付き合い下さいますようお願い申し上げます。

追記
馬場秀和ブログに感想が早速アップされました。
的確でわかりやすい粗筋と感想、さらに新シリーズの説明と今後の予定も説明されたすばらしい記事です。 http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2011-01-07
ちなみにクイズの答え、私も同じ言葉を思いつきましたよ。



コメント

このブログの人気の投稿

『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』感想リンク集

週刊金曜日10/20号に「猫キッチン荒神」著者インタビュー

『日本のフェミニズム since1886 性の闘い編』に笙野さんのインタビュー