「文學界」11月号と12月号に笙野論

池田雄一氏の連載評論「メガ・クリティック」で、
「文學界」2010年11月号12月号は、笙野作品について論じられています。
11月号は第22回「笙野頼子についての語らいのなかで」
12月号は最終回「掌のなかの小さな神様」

第22回で、笙野小説と読者の距離感から構造主義・ネオリベと笙野作品を論じ、
最終回では、神話に回帰しながら、神話的物語の形態をとらない構造を論じます。
ちなみに、第22回には第17回を参照する箇所があるので、「文學界」6月号も併せて読むといいかもしれません。
「文學界」公式 http://www.bunshun.co.jp/mag/bungakukai/

安藤礼二さんの新刊『たそがれの国』(筑摩書房)にも
第三章「現代文学の可能性―阿部和重・古川日出男・笙野頼子(愛の新世界―阿部和重『ピストルズ』論」と
笙野作品が論じられています。
筑摩書房の紹介 http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480823694/



コメント

このブログの人気の投稿

『ひょうすべの国』感想リンク集

笙野頼子『ひょうすべの国』の書評まとめ

『ひょうすべの国』発売・作者コメント公開