「文藝」2010年春季号で笙野エッセイ

新年あけましておめでとうございます。
今年も迷惑を顧みず笙野頼子ネットストーキングを続けていきます(きっぱり)
のでお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

さっそく「文藝」2010年春季号で笙野さんのエッセイが掲載されています。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309977287
今号は島本理生特集。
「作家による作品解説」コーナーにて笙野さんは『リトル・バイ・リトル』を解説しています。

話は変わりますが「笙野頼子ばかりどっと読む」では2009年を振り返る記事を書かれています。
http://d.hatena.ne.jp/Panza/20091231/p1
『海底八幡宮』の感想リンク集も増えてます。素晴らしい。


それによると今後の予定は
2010年 『人の道御三神』書籍化 金毘羅三部作文庫化はじまるかも?
2011年 新テーマの新作でるかも?
みたいな感じでしょうか。
今年新作発表がないのは残念なものの、その間に参考図書をゆっくり読めますな。



コメント

このブログの人気の投稿

『ひょうすべの国』感想リンク集

笙野頼子『ひょうすべの国』の書評まとめ

『ひょうすべの国』発売・作者コメント公開