亀レスですみません

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

溝口睦子著「アマテラスの誕生―古代王権の源流を探る」を買って帰って、「Close To The Wall」をみたら同じ本が紹介されててビックリ。
2009-02-23 アマテラスの誕生と誕生ならびに変貌
しかもアマテラス本特集三本立て。
kingさんの読者はいきなり面食らったろうが、私は嬉しかった。
「おは水」の次にとりかかっているんだ、たぶん。

一緒に「折々のうた」復刻版を買った。
子どものとき新聞の一面の「折々のうた」だけは欠かさず読んでいたことを思い出して衝動買い。
和歌はさっぱりわからなかったが、わかりやすく端正で知的な解説文が好きだった。
一日ひとつずつ読もう。

イスラエルの文学賞「エルサレム賞」授賞式の村上春樹のスピーチに感動している人が多い中、金光翔さんの考察は鋭い。
村上春樹のエルサレム賞受賞スピーチについて

また、村上は、自分のスピーチが「政治的なメッセージ」でないことを繰り返し語っているが、パレスチナの民衆から見れば、イスラエルの蛮行を世界的大作家は拒絶していない、という「政治的なメッセージ」以外の何者でもないだろう。もちろん村上がスピーチで、例えば、「賞金の1万ドルは、全額ハマスに寄附する」とでも表明すれば話は変わってくるだろうが。

なるほど、寄付したら鼠小僧みたいで格好いいな。
村上氏はパレスチナを卵、イスラエルを壁に例えて、卵の側に立つといったそうだ。
ならばパレスチナに賞金を寄付するにちがいない、
とそのニュースを待っているのだが、まったく聞こえてこない。

そういう村上氏の行動だけをみると、イスラエルの利益になる行動、
すなわち壁の側に立っているようにみえるのが不思議。

余談だが、アメリカ在住の日本人作家をエルサレム賞に選んだのは、そこが比較的イスラエルの批判が少ない国だからかな。



コメント

king さんの投稿…
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
どうも、kingです。
蛇になったり童子になったり、アマテラス関連は興味深いですね。歴史学的には溝口本が面白いんですが、笙野的には筑紫本(Panzaさんもずいぶん前に取り上げてましたが)が関連性があって面白かったですね。佐藤本も荘園制のくだりで宗教と徴税について指摘していたりしていますし。
「人の道」はこれから読みます。参考文献の森浩一のものは読んでいたので良し、と。あ、その参考文献の記事ですが、八幡信仰の出版社はハナワ・塙で、縞ではないですよ。
モモチ さんのコメント…
SECRET: 0
PASS: c401044e190513ba6c42ea6c4120d197
こんにちは、間違いの指摘ありがとうございます。
さっそく修正しました。
素で縞とよんでいました。お恥ずかしい。
>> 「人の道」はこれから読みます。
「人の道」は前後編なので、4月発売の文藝夏号と一緒に読まれた方が一気に読めてよいかもしれません。
私は「海底八幡宮」をやっておられるのかなと勝手に想像していました。
「海底八幡宮」と 「人の道」では記紀の読み直しをしているので、
溝口本はその参考になるかと読んでいるところです。
次は筑紫本と佐藤本に挑戦してみます。
king さんの投稿…
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
海底八幡宮は単行本の時に再読してみようと思います。
まずは最新のものを拾っていこうかと。
人の道は、これ溝口本での、天の神話と海の神話という対比と似た構図がありますね。海底と天孫の対立、でしょうか。
そういえば、講談社新書の「八幡神と神仏習合」も参考になるかと思います。
モモチ さんのコメント…
SECRET: 0
PASS: c401044e190513ba6c42ea6c4120d197
確かに天と海を対比させていますね。
天といっても152mの低めの山、というのが印象に残っています。
たしかに高い山の頂上だと景色は雲しか見えない。細かいところでリアルです。
「八幡神と神仏習合」面白そうですね、読んでみます。
以前ブログでおすすめされていた「日本人はなぜ無宗教なのか」、
面白かったです。
king さんの投稿…
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
あ、そのレス書いたときは冒頭のあたりくらいまでを読んだ段階でして読み終わってませんでした。
天と海は溝口本の重要キーワードなので、おお、と思ったのです。ウケヒ神話の解釈も両者に出てきますし、興味深い符合だと思いまして。
阿満利麿は面白かったので、ざっと他に三冊くらい読みました。この人浄土真宗の人みたいで、親鸞、法然についての本とか面白いです。
モモチ さんのコメント…
SECRET: 0
PASS: c401044e190513ba6c42ea6c4120d197
それは安心しました(何が?)。
笙野頼子どっと読むが更新されていて、さらに安心。
阿満利麿さんは、下記のインタビューによると西本願寺の京都の末寺の出身だそうです。
http://www.icho.gr.jp/shararin/interview/
想像以上におもしろい人でした。
ちくま新書の最新刊もよんでみます。

このブログの人気の投稿

『ひょうすべの国』感想リンク集

笙野頼子『ひょうすべの国』の書評まとめ

『ひょうすべの国』発売・作者コメント公開